MARK'S BRAIN:思考

Mark脳

神の視点

烏骨鶏のダンボールハウスは、床に置いているため、ほとんどの場合、上から彼らを眺めている。餌を突いたり、歩き回ったり、足で地面を掻いたりしている。その動きをじーっと眺めているだけで楽しいものだ。 時に、一方が、もう一方を突く時がある。さらに、餌場から追い出したり、ヒーターの熱が当たる場所を奪ったり。そうしている方が、どうもオスのように感じる。 小さな三人だけの世界 『烏骨鶏の二匹と僕』三人だけの小さな世界が、そこにある。そこでは、烏骨鶏の二匹は地上の住人で、僕は『神』である。 偉そうなことを言っているように ...

未来のLIFE STYLEを予言する

未来がどんな世界になるか?多くの人が、たま〜に考えることだと思う。 車にタイヤが無くなって、浮いて走る人が乗るドローンで、飛んで移動するようになるテレビ電話が進化して、3Dホログラムになる宇宙旅行が出来るようになる硬貨、紙幣が廃止され、お金はすべてキャッシュレスとなるスマホは、腕時計型やメガネ型などのウエアラブルになり、画面は空中投影されるようになる この程度は、僕が生きている間にも実現可能なのことだろうと思う。 未来というと、こうした先進技術を考えるのが一般的なのだろうが、僕としては、ここに、古いもの、 ...

東京行き、浜松行き、共に中止に

スケジュール、軒並み中止に 全世界、時が止まったようになっている。山に住んでいる僕にとっては、あまり影響がないと思っていたのだが、4月頭に予定されていた撮影がなくなり、ミーティングがなくなり、結局、すべての予定をキャンセルして、東京行きを中止にした。 翌週には、祖父の一周忌のため地元浜松へ行く予定にしていたが、こちらも、キャンセルして、結局、山にこもったまま、この世界的危機をやり過ごすことにしたのだ。 世界の中でも、稀に見るほど人との接触がない山暮らし きっと、世界中の中でも、最も人との接触が少ない人間の ...

ライターよりも、マッチかも?

薪ストーブの火をつける時、最初のうちは、ガスバーナーを使っていた。しかし、そんなに勢いよく火を点けなくてもライターで十分だということがわかってきた。 今日、スーパーに買い物に行き、レジに並ぶと、よくあるレジ横の棚にライターがあったので「予備に買っとくか」と思いライターを2個カゴに入れた。その下に、今や通常では売っていないと思っていたマッチの大箱があった。 価格は178円安いとか高いとかはわからないけど、気にするほどの値段ではない。そこで、ふと思った。 『もしかしたら、薪ストーブの火点けは、マッチの方が便利 ...

肩こりには、やっぱ、ラジオ体操だな

ラジオ体操と言えば、夏休みの朝6時半が定番である。しかし、ラジオ体操の放送は、毎日朝6時半からやっている。僕は基本、NHKのアプリ『らじるらじる』で、リアルタイムの放送を聴きながら、体操をするのだが、実は、冬になってから、ちょいとサボり気味だった。なぜなら、冬の朝6時半は、 真っ暗なのだ! 夏休みはと言えば、朝日が既に上り、まだ暑くなる前の涼しい時間帯と言うだけで、とっても快適なのだが、冬はと言えば、まだ日の出前である。6時25分に、緩やかなアラームが鳴り、『らじるらじる』を起動するのだが、ガラス張りの家 ...

包丁を研ぐ

僕が使っている包丁のほとんどは、20歳の時に買ったもの。なので、もう27年経っている。それでも、買った当時は、ステンレス包丁の中では、まあまあの値段のものだった。一応、J.A.HENCKELSである。 ずっと以前は、簡単に遂げるという売り文句の『包丁シャープナー』を使ってた。確かに、研げるには研げる。切れ味も、かなり鋭くなったこともある。 しかし、きれいに均等に研ぐのは難しかった。やりすぎて、刃が欠けてしまったことが何度もあったし、研ぎむらも大きかった。 そこで、少し前までは、研ぎ屋さんに出していた。郵便 ...

年寄りに会った時、昔の話を聞こう

日本は、高齢化社会である。というのは、誰もがうなずくことである。特に、田舎に来ると、高齢者率は格段に上がる。東京にいる時には、高齢者と出会うのは、10人に1人程度の割合で、それでも多いと思っていたが、愛媛に来てからは、10人に7人は高齢者である。言い過ぎではなく、本当にそうだ。 とはいえ、年寄りだからと言っても、ど田舎の年寄りは、だらだらと日常を過ごしている人はほとんどおらず、定年を過ぎても、畑やら田んぼやらで元気に働いているので、特に「年寄りばっかりだなぁ」という印象はない。その点では、元気のない年寄り ...

【Markの成功法則くじ】不具合修正した

「見れないぞー」という指摘をいただいて確認したら、不具合があったので、修正した。現在は、きっと、たぶん、大丈夫。 【Markの成功法則くじ】

【Markの成功法則くじ】出来た!

お年玉の代わりに作った【Markくじ】 お正月前、子供たちに会うだろうから、お年玉をあげようと思っていた。 デパートの文具売り場を通りかかると、ポチ袋が売っているのを見かけた。「そうそう、お年玉袋買わなきゃな」と思ったのだ。 とはいえ、このお年玉袋も、活躍するのは、お金を入れて渡すときだけ。それ以降は、即刻ゴミ箱行きになってしまうと言う、実にもったいないものなのである。なので、意外と高額なお年玉袋を買わずに済ます方法も考えていたのだが、どうにも、自作するには、逆に面倒だったので、仕方なく買うことにしていた ...

近頃、人生の法則動画をUPしている

近頃、人生の法則動画を撮影して、YoutubeにUPしている。今までも、こうしたことは、たまーにブログに書いたりしていたのだが、もっと、いろんなことを、発信したいと思っていたのだ。 人生の悩みや迷いのある人に出会った時、僕は、自分でも「なかなかいいこと言うなぁ」と思うことが多い。しかし、自分自身の中からではないだろ!と思えるような言葉がスラスラと出てくる。これは、どう考えても、言わされていると思わざるを得ないと、常々思っているのだ。 誰に言わされているのかと言うと、相手の人のハイヤーセルフ(真我、本当の自 ...

やっぱり、結局、クリーンインストール

New iMacが稼働し始めた。現代は、昔と違ってNewPCへの移行が早い!Macの場合は、Time Machineにバックアップを取れば、移行アシスタントというアプリケーションを使ってあっという間に移行完了だ。 昔は、移行アシスタントなるものなどは存在しなかったし、出始めたころは、全く使い物にならなかった。そのため、PCの移行は、何日もかかる大仕事だったのだ。 で、今回ももちろん、移行アシスタントでバックアップしたOld Macのデータを、そっくりそのままNew iMacへ移行した。移行する際、一つだけ ...

お金に関する行動心理...だそうだ

おもしろい実験を知ったので、書いてみた。 A. 無条件で100万円もらえる か B. コインを投げて表が出たら200万円もらえる さて、どちらを選んだだろうか? これ、多くの人が【A】を選ぶんだそうだ。それを聞いた時、僕は「へ〜、不思議」って思った。僕は、もちろん【B】なのだ。 【A】を選ぶ人の心理は、僕にはわからないけど、僕としては、 最初から無いわけだから、ゼロでもいいから賭けを楽しみたいじゃん! と、思って【B】を選んだわけだ。だけど、多くの人たちは 「確実に受け取る」 という選択をするようなのだ。 ...

Happy Birthday 俺!47歳

えー、47歳になった。ここまでくると、もう、誕生日とかどうでもいいし、年齢が1つ増えても、あんまり代わり映えはないので、何がどうってことはないのだが、まあ、とりあえず、47年目の今日生まれたってことで感慨深いものだとも思うことにする。 誕生日っていうのは、30歳くらいまでは “自分が誕生した日” ってことを強く思うのだけど、40歳を過ぎた頃から自分が誕生したというよりも、自分を産んだ母親のことを祝ってやりたい気持ちにもなる。 47年前、よくがんばったなぁ・・・と。 うちの母親は、現在67歳。引き算するとわ ...

田舎暮らしの本に出てます

現在発売中の『田舎暮らしの本 1月号』(宝島社)に掲載されてます。コーナー名が「ポツンと田舎暮らし」という似過ぎたネーミングですが・・・

諦めない力

たいそうなタイトルの割には、内容はチープなのだが、最近「諦めない」と言うことを意識するようになった。実は、今までの人生の多くの場面で、僕は「諦める」と言うことを選択してきた。 諦めると言うと “良くないこと” “逃げること” と感じる人が多いと思うが、単に、『違う選択をした』と言うだけとも捉えることができる。今あるものに固執する必要などはなく、さっさと違う選択をすると言うことは、決して悪いことでも、逃げることでもないと思っている。 この『諦める』と言うことがあったおかげで、今の僕があると言える出来事もある ...

なんの音も聞こえない世界と騒音だらけの世界

『なんの音も聞こえない』 「そんな場所は、この世に無い」と行ってもいいほどに無いと思っていた。しかし、僕は、今、そんな場所にいる。昼間は、鳥が鳴いていたり、飛行機が頭上を飛んでいたり、遠くの峠をエンジンをふかしながら登っていく車の音が聞こえたりするが、夜になると飛行機の本数は減り、車の音は聞こえず、鳥も眠りにつく。 だから、夜は、なんの音も聞こえないことがほとんどだ。音がするとすれば、僕自身が何かをすることだけ。 無音状態でいると耳鳴りがする というのを何かで聞いたことがある。完全な防音・吸音室に入ると、 ...

人生初、最強の「凶」

『おみくじ』 やたら滅多に引くものではないが、あると、引きたくなってしまう。それが「おみくじ」だ。 僕は、今までは、1年に1回、初詣の時におみくじを引くようにしていたのだが、だんだんとその習慣が薄れ、今では、なんとなく適当に引くようになった。しかし、そのなんとなく引きたくなった時が、神様・ハイヤーセルフ・守護霊・天使なんぞと言われる方々からのメッセージかもしれないという思いもあり、適当に引いてみることにしているのだ。 特に、おみくじは、神社によって種類が違うので、その神社の特徴を見る事も出来て、なかなか面 ...

警察署主催「犯罪被害者救済バザー」へ行った。

それはさておき、同じ会場で 『高校生が描いた、原爆の絵』 という展示が開催されていた。このタイトルが目に入った時に思ったこと「戦争も原発も知らない、さらに、社会のなんたるかさえもわからない高校生が、原爆の絵?何を元に描けるというのか?」と疑問を持った。 すると、原爆を経験した方々の話を直接聞いて、その体験談を元にして描いていったとのこと。それがわかった時、印象は180度変わって「それは、リアルで素晴らしい」と感心した。 体験者の証言というのは、テレビなどでもよくやっているので、映像を通して聞く機会は少なく ...

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

ブログの中に映画の話題が出てくるようになった時というのは、日常がつまらなくなってきて暇を持て余しているという証拠である。実は、以前もこうした傾向があり、しばらく映画の話題が続いたあと、ブログの更新が止まったことがあった。 実際、ログガレージの建築は、半年で、ログを1段積んだだけで停滞している。ログを1段積むのには、2日あればできることなのだが、それを180日かかっている。完全に、やる気なさそうである。 この間、ポツンと一軒家の取材が来て、OPERA(ヤギ)を飼い始め、ポツンが放送され、FAN(犬)を飼い始 ...

少食生活の途中経過

少食生活を始めておよそ1ヶ月ちょっと。その結果が、数字として出た。 1ヶ月ちょっとで3.5kg減 うちには体重・体脂肪計があるのだが、2年前からダンボールの中で、まともに体重を測っていなかった。まあ、東京にいるときは、デブデブになって体重が70kgを超え、その後、近所の格闘系のジムに通ったことで、1ヶ月に1kgづつ減少して、結果として、ベスト体重の66kgをキープしていた。 山に来てからは、体を使っていたので、たぶん66kgをキープしたままだったであろう。そして今回、体重は62.5kgに減っていた。正直な ...

FAN(犬)劇的変化

昨日から、FANの行動が劇的に変化した。今までは、頑なに小屋から出てこなかったのを、毎日、引っ張り出して外の環境に慣れさせるようにしていたのだが、2週間続けていて、僕は正直、いい加減に嫌になっていた。 それに加えて、一昨日の、夜中の脱走事件。昨日の朝は、眠いし、疲れたし、ごはんや散歩を喜んで待っているわけでもなく、嫌がるFANを無理やり外に連れ出すのは、本当に億劫だと思いながら、朝の散歩の準備をしていた。 で、小屋に行って、いつも通りにまずは声を掛ける。「おはようFAN。行くよ!」いつもなら、こう話しかけ ...

千葉が大変なことになってる

今、初めて知った、千葉の停電。関東に台風が行ったのは知っていたけど、まさか、こんな大規模停電になっているとは思いもよらなかった。 テレビも見ないし、新聞もない、ニュースは、携帯でとてつもなく暇すぎて手元に読む本などがないときに、暇つぶしに見る程度。なので、全く知ることがなかったのだが、「今日は晴れかなぁ〜」なんて呑気にYahoo天気をチェックすると、 “千葉県の停電と給水に関する情報” と言うのが出てる。チェックしてみると あれっ?千葉が大変なことになってる と、気が付いた。東京・神奈川・千葉・埼玉は、い ...

病まなければ

病まなければ ささげ得ない祈りがある病まなければ 信じ得ない奇跡がある病まなければ 聞き得ない御言葉がある病まなければ 近づき得ない聖所がある病まなければ 仰ぎ得ない御顔があるおお 病まなければ私は人間でさえもあり得なかった  これは、河野進さんという牧師先生の詩。今、読んでいる本に書かれていたので、備忘録として書いておいた。 河野進さんを検索してみると、詩集なんかが出ていたり、いろんなサイトでも詩が紹介されている。なかなかいい。 僕が、この詩で、「そうくるかぁ」と感銘を受けたのが最後。 私は人間でさえも ...

人体実験1週間経過

上の写真は、自作米のとぎ汁EM液とペーハー試験紙。ペーハー2位の強酸性になった。 8月15日より人体実験を始めて1週間が過ぎた。この1週間、人に会わないつもりでいたのだが、開始早々、毎日のように人に会うことになってしまった。たぶん、大丈夫だったとは思うが・・・ 人体実験の内容を改めて。 シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ハミガキ粉を使用しない とはいえ、お風呂に入らないわけではない。お風呂には、毎日入る。 シャンプーはしないが、頭皮のマッサージはする。ボディーソープは使用しないが、麻と絹のボデ ...

僕が思うラットレースについて

先日の記事で、最後にラットレースについて触れた。僕自身、人生の中で、ラットレースというものを気にしたことは・・・たまにはあったけど、ほとんどないし、自分が、ラットレースを走っていると思ったこともない。まあ、なんとなくわかると思うけど。 そして、ラットレース最大の負担が家賃だということについて書いた。昔から 「賃貸」か「持ち家」か? という議論は繰り返されてきた。そして、いつも、結論は、なんだか曖昧なまま終わる。ハッキリと「こっちだー!」という答えは出ないのだが、それは、当然だろうと思う。 地域、世帯人数、 ...

人体実験を開始した

3日前から人体実験をしている。何をやっているのかというと、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔フォーム、歯磨き粉を使わないって事をやっている。 山に住み始めてから、人に会わないので「シャンプーが面倒だなぁ」と思い始めて、2日に1回のペースにした。最初の頃は、気にならなかったのだが、暖かい季節になるにつれ、シャンプーをしなかった翌日の日中は、頭皮が気になり始めた。 東京では、当然の事のように、毎日シャンプー&コンディショナー、体もボディーソープで洗い、洗顔も毎日していた。それによって、僕が通り ...

足つぼマッサージやりたいけど・・

今朝、起きると、足の裏がだるかった。「あ〜、足つぼマッサージ行きて〜」と思いながら、グダグダと起きた。昨日、ツルハシやシャベルで土を掘っていたのが原因。体力と筋力をかなり使った。 しばらく前も、足つぼマッサージに行きたくて、松山で探して行ってみたのだが、超スーパー素人レベル!まったく、話にならなかった。こんなので、お金取ってるのか!?と、営業できている事がとっても不思議なくらい。 そんな時にいつも思い出す。近所(千代田区九段)にあった中医学研究所。 トップの先生が、超ハイレベルのため、従業員の若手でも、そ ...

銀座線の車両が、木目になっていた

青山にオフィスを移転したのが、2003年のこと。青山から移転したのが、2015年。ってことは、12年間、青山に居たってことだ。その12年間の間、電車の乗るたびに使っていたのが、銀座線。 銀座線は、東京の地下鉄で、最初に開通した路線である。そのためか、外苑前駅は、狭い・暑い・エスカレーター無しなのに階段も通路もが狭いという、大変な駅だった。 僕たちが外苑前を去ってから、駅の工事が始まったのだが、未だに、何も完成しておらず、相変わらず狭い階段を荷物を持って上がらなければならない。ちなみに、すべての出入り口が狭 ...

開かないホテルの窓

僕は、ちょいちょいホテルに泊まる。そのほとんどは、ビジネスホテルだが、安めのシティーホテルだったりカプセルホテルの時もある。ちなみに、今までで、最もチープな宿は、北海道へ行った時に泊まった、農場の簡易宿泊所だ。 そこは、農業を体験したい若者向けに農場主が作った宿泊所だったが、一般にも解放していて、宿泊代は1,500円だった。北海道に行った時は夏で、ホテルはどこも満員御礼状態だったが、その宿泊所に居たのは、ずっとそこで生活しているという男性が一人だけ。しかし、そこでの出会いは貴重なものだった。 その前の日に ...

らくだは、針の穴を通れるか

「なにを馬鹿なことを言っているのだ?」と、思うだろうが、これは、聖書に書かれている例えの一つで、正確には 「はっきり言っておく。金持ちが天の国に入るのは難しい。重ねて言うが、金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」マタイによる福音書 19:23 と言うこれだ。らくだが針の穴を通るなど、できっこないわけなので、イエス・キリストの言葉通りに受け止めると “お金持ちは天国に行けない” ってことになる。 でも、お金持ちって、一体どう言う基準なのか?一般的な日本人の皆さんは、日本にいればお ...

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.