Natural Art Portoraitっぽく撮ってみました

ちょっと前に、提唱してみた「Natural Art Portorait」
まだまだ、「これだ!」みたいなものはないんだけど、
なんとなく、こんな感じかなぁという写真を撮ってみた。

ちょうど、自分のNUDEを撮っておこうというお客さん。
写真集にしても、たぶん見ないで終わってしまうだろうと言うことで、
「自分とは分からないような感じ」の写真を撮って、
飾ってみようと思われたよう。

やっぱり、写真は飾った方が良い。

家族写真やウェディングならナチュラルフォトでも良いけど、
1人のポートレートは、ちょっと恥ずかしいかも。

それなら、ちょっとArtっぽかったらいいかもしれない。
でも、思いっきりArtだと、人に見られて自分だと分かってしまったときには、
それはそれで、ちょっと・・・

・・・・まあ、いずれにしてもちょっと恥ずかしさはあるが、
女友達が見て、「私も撮りたい!」と思ってもらえたら、
捕ったかいがあるというものだろう。

モデルはYさん。

少しずつ体型の変化を感じてきて、
「今のうちに撮っておかなきゃ!」ってことで来てくれました。

ヌード撮影の時は、下着を着けると跡が付いてしまうので、
下着を着けないか、跡の付かないような下着を着けてきてもらうのだけど、
Yさんは、NO下着で来ていただいて、
それだけでも、かなり緊張したらしい。

で、撮影に入ってもかなりドキドキしてました。
まあ、そりゃそうなんですけどね。

初めは着衣でスタートして、ヌード撮影へ・・・
しかし、なかなかイイ感じのショットが撮れません。

でも、カメラを下ろしたときに
ふっとしたしぐさがイイ感じに。
そこで、すかさず「そのままー」でカシャカシャカシャ!
と、撮ったのがコチラ。

★写真撮影会社ALIAの社長【Mark BLOG】-ナチュラル アート ポートレートフォト

次は、Artっぽいといえば、やっぱり「黒バック」(単純)
ってことで、顔が見えないような1枚。
あぐらバックショットにしてみました。

★写真撮影会社ALIAの社長【Mark BLOG】-ナチュラル アート ポートレートフォト

最後は、定番ベッドで仰向けショット。
やっぱり、ヌードの締めはコレです。
このポーズには、心理的な作用も働くのではないかといつも思うのです。

女性がベッドに仰向け、
男性が真上にいる構図は、
まさに・・・


ピンクのキラキラは、実際にはなくて、BLOG掲載用に付けました

-WORK:撮影

© 2020 Mark's LIFE