またまたNUDE撮影の話題

一昨日、20kg痩せて撮影をしにきたSちゃんの話を書きましたが、
以前に撮影した「ちぃちゃん」の話も「書いていいよ」ってことで
許可を頂きまして、書かせていただきます。

ちぃちゃんは、かなり重傷のアトピー性皮膚炎だったらしく、
普通に、皮膚から血が流れてくるくらいで、人前に出られないくらいだったようなんです。

何をしても、どこの病院に行っても治らず、
真剣に自殺を考えていたほど。
かなり、ヤバい世界にも足を踏み入れてしまっていたようです。

そんなさなか、ふとしたことで見つけた1行のBLOGに、
「青森の病院でアトピーが治った」
との記事を見つけ、
藁にもすがる思いで、その病院の門を叩いたそうです。

すると、通常は予約でいっぱいなはずが、
たまたま、先生が海外出張の予定を取りやめており、
予約が出来て、一人青森へ。

通い始めると、みるみるうちに良くなっていき、
すっかり治ってしまったということなんです。

で、「こんなにキレイになったんだから、撮っておかなきゃ」
ってALIAに撮影に来たんです。

まず、良くない状態を経験していて、
そこから、良くなると、
「普通」であることの大切さ
有り難さが分かるものなんですね。

でも、ほとんどの人たちは良い状態(例えば若さとか)から
徐々に悪くなる(でも決して老いが良くない訳ではない)ので、
なかなか、普通の有り難さなどを感じることができないものです。

僕は、ウチが結構貧しかったので、
雨の夜に、屋根があって雨に濡れないことが幸せでした。

皆さんも、ぜひ「普通」を大切に感じてみて下さい。

で、もちろん、ちゃんと残しておこうって思ったらALIAへ来てください。

ちぃちゃんもHPに登場していただいています!

-WORK:撮影

© 2021 Mark's LIFE