ここ砥部町は、焼物が特産らしい

僕が、越してきた所は、伊予郡砥部町という所。
伊予郡の伊予は、御察しの通り、伊予柑の伊予だ。
愛媛県は、柑橘類の生産が、日本一なので、わかりやすい。
しかし、焼きもというと、砥部焼?
聞いたことない。
地元の人に聞いてみると、やっぱり、売れてないっぽい。
特徴は、厚み。
使いやすい、薄さではなく、無骨な厚さが特徴だという。
今、僕の横を通っていった、おばちゃんは言う。

「有田は、砥部に勝てないのよ。

有田なんて、すぐに割れちゃうから。」

・・・

まあ、いいか。

それくらい、厚みがあって、丈夫だということらしい。

ということで、砥部焼陶芸館に行ってみた。

こうした、陶器を売っているところが、砥部にはいくつもある。

しかし!

売れているのだろうか?

平日の昼間なので、お客さんは、あまりいないとは思うが・・・

いないなぁ。

工房は、展示されているだけでも、20工房ほどあるようだが、専業でやっているのだろうか?

それとも、店舗に下ろすとか、大量発注があるのだろうか?どうなんだろう?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2021 Mark's LIFE