水の硬さ・柔らかさ

今日の宿泊先は、地元浜松から少し西に行った、鷲津というところ。

そこのビジネスホテルに泊まっている。

車なら、駅近や、目的地の近くなど関係なく、宿泊先を決めるのだが、電車移動の場合は、そうもいかない。

駅近で、明日の葬儀が行われる斎場の近くのホテルを選んだ。

そのため、大浴場も温泉もない。

ユニットバスのお風呂にお湯をためて入ってみた。

すると、なんとなく、入り心地がよくない。

なんだかわからないけど、いまいちなので、暑すぎたのかと思い、ぬるくしてみる。

それでも、入りごごちが変わらない。

そこで、わかった。

水が硬いのだ。

たったの7日間ではあるが、山での生活で、風呂の水は沢の水だったので、温泉のような入り心地で、水自体が柔らかかった。

それに、すっかり慣れていたのだろう。

その後、ここ3日、奥さんの実家の風呂は、井戸水なので、違和感なく入っていた。

そして、今夜、12日ぶりに、水道水の風呂に入った。

今まで、うちでは「マグプレミアム」という、強力な磁石の中を通す活水器をつけていたのだが、引っ越しのために、引っ越す数日前に外しておいた。

すると、つけたばかりの頃は、水の変化に気がついていなかったのだが、取ったら、まるっきり水の性質が違うのに気がついた。

やっぱり、水が硬く感じたのだ。

小学生の頃、修学旅行で東京に来た時に配られたお茶が、ドブ臭くて飲めなかったのを思い出す。

東京の水は、今では、浄水設備が日本一良いらしく、水道からミネラスウォーターが出ると言われるほどになった。

それでも、自然の水と比べたら、天と地の差ほどあるのだろう。

温泉に入った時の、あの「ゔはぁ〜」という思いは、やっぱり、正直な体の声なんだなぁ。と、つくづく思った今日の風呂だった。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE