人生初の、電車にカバン忘れ事件!

人生初、電車にカバンを置き忘れた。

そんなことをよく耳にはするが、自分がやるとは思ってもみなかった。

網棚にカバンを置き、扉のそばに立っていたのだが・・・

手書きアプリで、文章をガツガツと書いていたのだ。今日は、調子が良くて、どんどん言葉が出てくる。

さらに、扉付近に立っているため、降り過ごすこともなく、無事に目的地の三田駅に到着した。

そして、そのまま「ポンっ」と、電車を降りた。その後も、続けて文章を書き、書き終わって「さて、行くかな」と、思ったら、当たり前のようにあるカバンがない。

「あれっ?・・・やっちゃった」

網棚から下ろさずに、電車を降りてしまった。

日本では、財布を落としても、中身がそのままで帰ってくるケースが多いと言う。

それを信じて、「まあ、大丈夫だろう」とタカをくくって、駅の遺失物係へ行った。駅員さんも、とっても丁寧に、電車を追いかけて、到着した駅で探してもらった。

が!出てこない。

別の電車も探してもらったがない。

・・・マジで。

駅員さん曰く「以外と、折り返してきた電車に、そのままあることも」と言うので、乗ったであろう電車を追いかけてみることにした。

乗った電車は、「三崎口行き」三崎口?知らんなぁ

と思ったら、横須賀の先、三浦半島の先端だった。すげー遠くまで行くんだね。

三崎口まで行けば、全員降りるから、さすがに、カバンがあれば、遺失物としてネットワークに登録されるとのこと。三崎口到着は、16:38だったので、まずは、横浜まで行って、その時点で16:40なので、聞いてみることにした。

これでなかったら、やばい。

財布の中には、いつもよりも結構多めの現金。カードは保障されるからいいとして、あと、会社と個人の実印が入っているのだ。さらに、印鑑証明も。

めちゃめちゃ運が悪かったら、悪知恵の働く人の手に渡ったらヤバイよぉなんて考えながら、横浜の先、上大岡駅で下車して聞いてみる。

「ありましたー」

やっぱり、終点、三崎口まで行っているようで、そのまま、三浦半島まで旅に行くことに。

ずいぶん遠いところに来たけど、こんなところまでも、乗っていれば着いちゃうんだなぁ。

改札出てないから、料金は1円もかかってないんだけど、これはこれで、いい旅だったかもしれない。

いつも、「田舎に行きたいなぁ」とぼやいていたので、カバンくんが連れて来てくれたのかもな。

改札出てないからわからないけど、田舎って言っても、やっぱ、ど田舎じゃなければ、どこも、そんなに変わらないかもしれない。

そう考えると、都会暮らし+田舎にバカンスがいいのかもしれないなぁ。

電車の窓に映る自分を見ていると、田舎っぽい自分よりも、やっぱり都会っぽい自分の姿が好きだ。

家ではジャージだけどね。

カバンの中身は、何ひとつなくなっているものはなく、そのまんま戻って来ました。

一件落着。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE