屋外ダイニングに蚊帳張った

僕が住む小屋の横に、みんなでご飯が食べられるように、屋根を作って、キッチンも作って、テーブルも作って、屋外ダイニングが完成していたが、冬が終わり、春が来て、少しずつ虫が登場し始めた。

作業をしているときには、網帽子を被っているのでいいのだが、食事をするとなると網帽子は被っていられない。
そこで、屋外ダイニング全体に蚊帳を張った。

蚊帳の素材は、農業用の防虫ネットである。
この防虫ネット、なかなか優秀で、糸は太めだし、のっぺりとしたラインでなく、銀色の糸が一定間隔で入れられていて、農業用ってことを知らなければ、お洒落っぽいレースのカーテンにも見える。
たぶん、銀のラインは、鳥除けとかの効果を狙って付けられているのだろうけど。

山と言えば『虫』くらい、山にはいろんな虫がたくさんいる。
逆に、蚊はあまりいないので、知らないうちに刺されて痒いってことはないのだが、虫の数は圧倒的に多いので「うざい」というのが一番嫌な点である。

蚊帳を張ることで、山の一番のネックである虫を防止出来るようになったのは、実にいい。
これで、これからの季節、外での食事も安心して出来るというものであるし、もしかしたら、今までご法度だった、半袖・半ズボンっていうことも可能になるかもしれない。
さらに、屋外プールってのも有りか?

ガレージも、完成間近だし、色々と山ライフも充実してきたな。

-MARK'S LIFE:日常

© 2021 Mark's LIFE