右手が左手を傷つけていたら、右手を切り落とす人が多かった。その先は・・・

右手が左手を傷つけていたら、どちらかを切り落とすと・・・のつづき
http://ameblo.jp/alia-mark/entry-10404655709.html

結果としては、左手も結構いましたが、
過半数の人は「右手」でした。

本題に入る前に、僕の考え方を知っておいてください。
下記の考え方に基づいて文章を書いていきます。

身体は、1つの生命体です。
そして、この生命体は、多くの生命体で構成されています。

そんなことは、誰でも百も承知ですよね。

では、あなたが住んでいる「町」は?
「県」は?
「日本」は?
「地球は?」
「太陽系は?」
「銀河系は?」
「宇宙は?」
さらに、宇宙を取り囲む「未知の空間全ては?」

生命体?

多くの人が「生命体ではない」と考えているとおもいます。
しかし、僕は、地球にも魂があり生きている。
太陽系も1つの生命体で、銀河系も、宇宙も、
全てが生命体であると考えています。

もう1つ、細胞は生命体でしょうか?
それには「YES」と答える人が多いですよね。

では、細胞は自由に動き、自由に起きて、自由に寝て、自由に食べて・・・
要するに、人間や動物のようにしているでしょうか?
それには「NO」と答える人が多いと思います。

なぜか?
それは、見た目がかわらないからですよね?
寝ていても、起きていても、動いていても。

地球を上から見ていると(実際に見たことはないですが)
動いているのは「雲」くらいでしょうか?

「雲」以外は、動いていないように見えますが動いてますよね?
でも、飛行機で移動していても、
宇宙から飛行機を認識することが出来ません。(たぶん)

日本から、だれかがアメリカに行っても、
宇宙からは、全くわかりません。

1つの細胞が、昨日死んでいて、今日は違う細胞でも誰も気がつかない。
腸の中や目や口の中の細菌は、自由に生きていると思います。

ということで、まずは、僕の考え方を知ってもらうところから。
「生命体がたくさん集まって、1つの生命体を構成していて、さらに大きな1つの生命体を構成していて、それが永遠に続いている」ということ。

長くなったので、次に続きます。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE