久々にたばこ(葉巻だけど)を吸う

先日、渋谷をフラフラと歩いていたら、
「塩とたばこの博物館」なるものを発見して入ってみた。
そこで、塩と葉巻を買ってみた。

23歳の時にたばこをやめてからと言うもの、
嫌煙家として17年間生きてきたんだけど、
なんとなく葉巻が気になって買ってしまった。

買ったからには、ちょっと試してみないと・・・
ってことで、17年ぶりに煙草に火を付けた。

プハプハ、プハプハ、プハプハ

・・・・う~ん、煙だ。
まさに、葉っぱを燃やしている煙だ。
マズイ。

昔の記憶をたどってみると、
紙巻き煙草は、もう少し味がマイルドで、
こんなに煙臭くなかったことを思い出した。

今の煙草なんて、葉巻に比べたら
お子ちゃま用のお遊びみたいなものだな。

ピースだとかホープだとかなんていうのも、
みんなキツイっていうけど、そんなものは比じゃない。
フィルター無し、100%煙草の葉なんだから。
こりゃ、参った。

ちなみに、臭さで言うと、
断然、今の紙巻き煙草の方がくさい。
副流煙を吸い込むと、鼻にツーンと来るような
まさにくさいにおいがするでしょ。
あれ、煙草のにおいじゃなくて、火薬のにおいだね。

で、喫煙者が吸い込んでいるのは、
ほとんどが、化学物質。

実際に煙草の葉の燃えたにおいは、
焼き芋焼いてるたき火のにおいと一緒で、
鼻にツンとも来ないし、くさーいと言う感じではない。
ただの煙という感じ。

だから、昔ってたばこを吸っている人が近くにいても
くさいって感じはなかったんだよね。

やっぱり、今の紙巻き煙草は身体に悪いよ。
どうしても吸いたかったら、葉巻に変えたらいい。

それで、キツイだとか(値段が)高いだとか言うようなら
ガキだってことが分かったよ。
1本50円のキャンディーくわえているようなものだ。

歩き煙草などで、迷惑しているなんて嫌なものだけど、
まあ所詮ガキのやることだと大目に見ようという気になったな。

★嫌煙家の方々、煙草をくわえている人達を見て嫌な顔をせず、
 乳離れが出来ないお子様だと思って大目に見えれば、少しは気が楽になりますよ。
 彼らは煙草を吸っているつもりで、シガレットキャンディーをくわえているだけですから。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE