下駄とわらじ

投稿日:2018年7月19日 更新日:

下駄とわらじを買った。

 

山生活者としては、下駄もわらじも自家生産ってのが理想的だけど、とりあえず、一足買ってみた。

何年も前に、都会の着物屋さんで浴衣を買った時に、同時に雪駄を買ったのだけど、この雪駄が甲がとっても痛くて、とても履いていられなかったので、和の履物なんてのは、とっても履きにくいものだと思っていたのだ。

しかし、山に来て一年。

木に囲まれた生活をしていると、何だか、ビニールの履物(クロックスのこと)に違和感を感じて来ていた。

それに、暑くなって来て、どうにも足にも汗をかきはじめると、ビニールの履物では、何だか気持ちが悪い感じがしてきたのだ。

そこで、天然素材の履物が良くなってきた。

 

洋物だと、革が主流なのだが、ここにいると、革はカビが生えまくってしまう。

やはり、乾燥した気候のヨーロッパ向きなのだろう。

そう思うと、この日本では、昔ながらの木、竹、い草、わらとか、そんなようなものが結局はあっているのだろうと思われたのだ。

そう思って、昔買った雪駄を履いてみたが、やはりきつくてとても履けない。

 

買いに行って、サイズのちょうど良いものを買ってくれば話が早かったのだが、何となく思い浮かばず、ネットで注文してしまった。

で、まずは下駄が来た。

履いてみると、キツキツの雪駄と違って、ゆったりと履けてぴったりだった。

これに気を良くした僕は「室内では、やっぱわらじが良さそうだ」ってことで、わらじも買ってみた。

手作りのわらじは、きっとそこら辺の店には売っていないだろうから、これこそネットで買うしか方法はない。

わらじにサイズというものはないのだが、大きめのものを頼んでみた。

これもまた、ぴったりだった。

 

昔買った雪駄の方が、何倍もの値段がしたのに、とっても安価な下駄とわらじの方が、断然履きやすかったのだ。

 

ついでに、作務衣も買ってみたのだが、こっちは安物で失敗。

中国製でダメだった。

といっても、日本製は、ちょっとした高めの洋服くらいの値段がするので、今の所ちょい保留。

 

コーティングされたフローリングでは、わらじのわらで傷がついてしまうと思うけど、コーティングしていないうちの小屋のような、無垢のフローリングなら、わらじはとっても快適だ。

今年の夏は、外は下駄、中はわらじで足裏が快適である。

 


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.