山に居ながら、都会っぽく電話に出てみた

投稿日:2018年4月26日 更新日:

愛媛に本社を移してから、会社の代表電話をIP電話にした。

それも、固定電話でのIPではなく、携帯のアプリで使うIP電話である。

そんな事をいうと、信用が落ちるのではないか?と、ふっと頭をよぎる。

実際に「携帯のIP電話が代表電話?そんな会社信用ならない」と思う人もいるだろうと思う。

しかし、すぐに時代の方が追いついてきて、そんなことは何も珍しいことではなくなってくるものだ。

昔のことを思い出せば、会社のドメインは「co.jp」でなければ信用がない。と思われていた時代があった。僕も、alia-co.comというcomドメインを使いながら、わざわざalia.co.jpを取得した。

今思えば、そんなことをする必要などなかったのだ。

IP電話が出た時も「050」では信用がなくなるので、IPを使うにしても「03」じゃなければ。と思っていたが、IT企業などは、平気で050を使っていた。

今では、局番などなんだろうと関係がないように思う。

もちろん、そうしたことは、人それぞれ考え方、感じ方が違うので、今でも、050など信用ならないと思う人もいるだろうし、企業のドメインはco.jpが良いと思う人もいるだろう。

僕の会社には、すでにFAXなどは置いていないのだが、会社でFAX番号がないなんて考えられないと思う人もいるだろう。(*店にはある)

まあ、そうしたことをどこまで考慮するのかは、それも、人それぞれ、会社それぞれである。

僕の場合は、今では、ほとんどそんなつまらないことは気にしないことにしている。

で、結局、東京港区青山などというアドレスも捨ててしまって、今では、愛媛県砥部町の山奥だ。

さて、そろそろ本題に移ろう。

ほとんどかかってこない会社の電話だが、今日、一本の電話がかかってきた。

一昨日から、マイナビ転職に求人を出していることが原因だ。

求人広告を出していると、求人広告会社からの営業電話がかかってきてしまうのである。

これが、結構な頻度でかかってくるため非常に迷惑なのだ。

ただ、今回は、いつもよりもかなり少なくなるはずなのである。

なぜなら、求人場所は東京と横浜なのに、本社の電話番号が掲載されていて、その本社は愛媛県にあるのだ。

求人の営業も、電話をかけたとしても決して「お伺いします」とは言えないだろう。

それでも、今日、一本の営業電話がかかってきた。

僕は、この山奥で、作業服を着て、チェーンソーの刃を研いでいる最中だった。

「ありがとうございます、アリアコーポレーションです」などと、まるで、オフィスに座って電話を取っているような口調で喋る。

相手が求人の営業だとわかった時点で「求人の営業に関しては、お断りをしております」などと言って切ったのだが、相手にこちらの映像が見えていたら、さぞ、驚くだろうと思った。

しかし、それと同時に、こんなのは今の時代よくあることなのではないか?とも思ったのだ。

お客様サービスセンターなどのコールセンターは、東京に掛かった気でいても、実際には、ものすごい地方だったり、中国などの海外だったりするのだ。

もう、昔のように距離によって電話代が高くなるわけではないのだから、どこに居てもいいわけである。

もしかしたら、コールセンターという場所などもなく、それぞれが自宅なんかで電話を取っていることだってあるだろう。

隣には、小さな赤ん坊が寝ているかもしれないし、子供達が遊んでいるかもしれない。

そんなことだって、今の時代では珍しくないだろう。

そう思えば、僕が、山の中で気取って電話に応答していたって、特別なことではないのだ。

多くの人たちが、場所に縛られず、もっと自由になれる時代が来ている。

都会で、キツキツに生きている人たち。

もっと、地方へ、もっと自然の中へ、もっと海外へ出ていいのではないだろうか?

今はもう、失うものは最小限で済むはずなのだ。

それよりも、得るものの方が、もっと、もっと大きいはずなのである。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.