種まきして、煙突掃除して、しし肉うどんを食べたよ

夜は冷えるけど、昼間は、もう春がすぐそこまで来ているのを感じさせる。

もちろん、花粉もそれを感じさせる一つではあるけども、それは、嫌な春を思い起こさせる。

ずっと昔は、春は最高の季節だったのに、いつの間にか、春は最悪の地獄的な季節になってしまった。

あの頃の、素晴らしい春を取り戻したい・・・

それはさておき、今日は、種まきをしてみた。

タネのストックの中から、二月か三月上旬に撒くと書いてあるやつをチョイス。

だけど、えんどう豆?とキャベツくらいだった。

両方とも、青く塗られている。

なんのために、青く塗るんだろうか?

まあ、どうでもいいけど、とりあえず撒いてみた。

次ー!

ここに来て二回目の煙突掃除をしたよ。

そこらへんの竹を取ってきて、煙突の中にガシガシ入れると、ススが下に落っこちる。

思ったほど、溜まっちゃいなかった。

ってことは、一年に一回くらいで良さそうである。

次ー!

お昼になったので、うどんを食べる。

もう、お昼はうどんってのが定着した。

毎日、うどんである。

僕も、とうとう、四国民になった感じがするよ。(うどん県ではないけども)

今日は(も)しし肉うどんである!

もう完全に、僕の体は、しし肉で出来上がっている。

ここしばらく、すでに、肉を買っていない。

ALLしし肉で生きている。

おしまいっ!

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE