納車三日で、傷だらけに・・・

人生初の新車である、ジャガーこと、筑水キャニコム林内作業者BY1204。

ピカピカの新車が、本日、すでに、ガリガリの傷だらけになってしまいました。

なぜかと言うと・・・

あれま。

すってんころりんしてしまいました。

いやはや、すぐにコケるとは聞いてはいましたが、こんなに早くその時が来るとは思っていませんでした。

コケ防止に、ロープやワイヤーで逆側から引っ張っておく必要があるのですが、今日は、切ったクヌギを引っ張っていただけで、大した重量ではないとたかをくくってしまったのです。

しかーし、ちょいと切り株にひっかっかってしまい、そのままウインチを巻き続けた結果、コテっと。

そこで、登場するのは、やっぱり、クボちゃんです。

そのまま上げると、上げた勢いで反対側に転んで行く可能性があったので、ジャガに付いているワイヤーを手前の切り株に固定して、反対側へコケないようにして、クボちゃんで起こしていきました・・・が。

なぜか、反対側へ転んで行ってしまいました。

原因は、ワイヤーを切り株に固定したのに、ウインチがフリーの状態のままだったのです。

なので、ワイヤーで止まらずに、ウインチからワイヤーが、ズリズリと出てしまったわけなんです。

あちゃちゃちゃ。

今度は、同じ過ちを繰り返さないように、向こう側の木にロープで縛って、ジャガのワイヤーをクボちゃんで引っ張って起こして来ました。

今度は、めちゃめちゃ慎重に。

うまくいきましたー!

しかし、ボディーは、ガリガリの傷だらけに。

納車から三日で、ボロボロの中古並になりました。

でも、いいんです。

僕の哲学は、「形あるものは、傷つくし、壊れるし、いつか無くなる」

だから、大して気にならないのです。

それは、カレヤン(Porsche911)も同じですし、たっかい時計を買った時も「もしも、明日、盗まれたり、無くしたりしても後悔しないか?」と言う問いに「YES」と思えたから買えました。

おNEWの靴は、踏んでもらうとかと、まあ、同じってことで。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE