ゆっくり、じっくり、確実に。急がば回れ、で。

昨夜、会長(不動産屋さん)に誘われて忘年会に行ってました。

で、この山に来て初めて、帰宅が午前0時を過ぎましたー!

(祝)夜遊び!

と言っても、忘年会が、そんなに遅くまでやっていたわけではなく、忘年会ー二次会ー温泉ー帰宅だったので、まあ、温泉が長かったってことですが・・・

そんなわけで、昨日の話題。

冬に入って、毎日のように、木の伐採を続けています。

だんだんと、いろんなことに慣れてきました。

が、それでも、やっぱり、ど素人。

杉・ヒノキが群生している場所がいくつかあるのですが、いつも、作業を困難にするのが「かかり木」と言うやつ。

倒れていく木が、他の木に引っかかってしまうことです。

この、かかり木をなんとかするための「かかり木処理」なる行為が、もっとも、木の伐採の中で死亡事故が多発する行為らしいのです。

実際、マジあぶねー!

大概は、どこにどう落っこちてくるかわかるのですが、これが、さすがに経験の浅いど素人だけあって、全く、どうしていいのか不明。ということも多いわけなのです。

で、「なんとなく、こんな感じでいけるだろう」と思ってやると・・・大失敗!

結果、マジ死ぬとこだったぞ!

ってことになるわけです。

先日の、ヒットもかかり木処理の失敗の一つなんですよね。

で、かかり木の処理方法が、うまく思いつかなくて、または、今やれなくて、その現場を、そのままにしていたところがあるのです。

まあ、ほっておいても、台風でもこない限りは倒れてしまうことはない(たぶん)ので、大丈夫(だと思う)ですから、ほっておいて、次の現場に行っていたわけです。

で、次の現場でも、面倒なかかり木をやってしまうわけです。

そして、次の現場でも、また、次の現場でも。

とうとう、ほとんど全部の現場で、困難なかかり木のまま、ほったらかし状態になってしました・・・(汗)

ぅ〜〜〜〜〜〜〜、やるしかねーかぁ。

ってことで、かかり木処理をやることにしたのですが、なんせ危ない。

今までのように、「なんとなく」とか「大丈夫だろう」とか「こんな感じ」では、ヤバイ。

なので、今回は、慎重に、確実に、ゆっくりと、丁寧に作業を進めることにしたわけです。

僕も、写真撮影では、プロフェッショナルとして仕事をしてきた経験があるわけなので、一般的に「写真を撮るのなんて、ボタンを押せばいいだけだろ」と思われていることを、何時間もかけて、一枚の写真を作り出すことをやってきたわけです。

結局、それと同じなのですよね。

ただ、素人の場合「何をするのかわからない」「わかっても、労力以上の効果がイメージできない」ということなんです。

僕も、かかり木の処理を「どうしていいのかわからない」ことと、こうするんだろうなと思っても、あまりの労力と時間を使うため「そんなことまでやるのかぁ、面倒だな」と思ってしまうわけです。

でも、そうした面倒なことを、すっ飛ばしたおかげで、困難なかかり木を発生させて、その処理に、多くの労力と時間を使うのと同時に、より危険度が増すという悪循環を起こさせました。

やっぱ、急がば回れってことなんだな。

つーことを実感して、昨日は、作業をしたわけなのです。

で、無事に、安全に、かかり木処理を終えました。ふ〜

<いろんな道具を使って、やってる様子だよ>

<ウインチで引っ張ってるよ>

<ウインチとワイヤーを繋いでるよ>

<滑車を使って、引っ張ってるよ>

<はしごに登って、木にワイヤーを掛けたよ>


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE