ゴボウ天プラ食いたくなった

今日も、ヒノキの伐採に勤しんでいますが、昼休憩に小屋に帰ってきまして、ゴボウ天が食べたくなってきたのです。

このところ、昼メシは、うどんというのが定番になっておりまして、何うどんにするか?というのを毎日考えているわけですが、今日は、冷蔵庫に入れていない、外置きの野菜の中に、ブっといゴボウたちを見つけたわけです。

実は、ここに引っ越してきて、5ヶ月が経ちますが、天ぷらを一度もやってないんです!

僕としては、こんなに長い期間天ぷらを作っていないというのは、人生において異例のことなのです。

なぜ、やってないかというと、理由の一つは、天ぷらをやるときは、温度設定が出来るIHを使うわけですが、なんせキッチンが狭くて、IHの置き場がないので、ずっと倉庫の中で眠ったままだったわけです。

そして、もう一つの理由は、なんと言っても、換気扇がないってことが大きい。

もともとは、住むために作ってある小屋ではないので、細かい設備はなかったりするわけなのです。

しかーし!

今日は、どうしても、ゴボ天食べたい!ゴボ天食べたい!ゴボ天食べたーーーーい!!

って、ことで、倉庫からIHを持ってきて、窓全開でやり・・・・あれっ?

小麦粉ねーじゃん!

いや、正確には、小麦粉はある。

パン作りのために買ってある「強力粉」でも、一般的に天ぷらやるのは「薄力粉」だよな。

うーん、こうなったら。

強力粉でやってみるか!ってことで、やってみた。

ゴボウだけじゃなくて、葉っぱがしんなりなってきてしまったニンジンも入れて、かき揚げにしました。緑のやつは、ニンジンの葉っぱだよ。

まあ、強力粉だって、見た目は普通にできてる。

で、食ってみた。

うん!

ちゃんと、天ぷらになってる。

うどんができる前に、二つ平らげたぞ!

僕の持論。

天ぷらは、揚げながら食う。

皿に持って、テーブルに運んいるうちに、味が落ちちゃうじゃん!

なので、僕の天ぷらスタイルっているのは、キッチンで揚げながら立ち食い。

一人じゃなくても、一緒に揚げながら立ち食い。

おかずっていうよりも、ほとんどおやつだね。

この揚げながら食べるスタイルって、実は、結構いいのだよ。

きちんと椅子に座っているよりも、コミュニケーションがいい感じに取れるのだ。

そして、天ぷらっていうのは、単純な割には、二人とか三人とかで分担して作ることができるので、みんなで料理をしながら食べるってことができる。

でも、なんでもってわけじゃないけど、出来たて、採れたて、搾りたてとか、「◯◯たて」ってのはいいよね。

考えてみれば、天ぷら屋さんだって、揚げたてを食べさせるし、寿司屋もそうだよね、握りたてを出す、鉄板焼きも焼きたて、フランス料理のコースも、一皿一皿作りたてを持ってくるしね。

天ぷらをみんなで揚げながら食うスタイルおすすめデス!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE