そもそも、僕は家が欲しいんじゃないのだ

僕が欲しいのは、「家」という物質ではない。

「家を建てる」という経験が欲しいのだ。

そこが、一般的な人たちとの違いだと思う。

みんな、「家」は、完成したものを買う。

そして、そこで「暮らすこと」や「所有すること」を目的としている。

もちろん、建った後は、僕も「暮らす」という経験をすることになる。

けど、「所有する」のはどうでもいいのだ。

僕が建てたその家に資産価値などがあれば別だが、それはないので、所有して維持されることは、あまり考えてはいない。

そう、僕は、プラモデルを作りたいのであって、プラモデルが完成した後は、大して興味はないのである。

もちろん、家は、改造の余地があるので、完成後も暮らしを充実させるために、いろいろと改造するだろうから、完成後もほったらかしとか、住まないということではない。

そして、さらに、みんなと違うのが、失敗も大歓迎だってこと。

今は、木を切るという段階だが、木を切って谷底に落っこちていく・・・ノープロブレム!

1本や2本、使えなくなったところで、どうということはない。

これが、人の土地だったり、委託された伐採だったら、そうはいかないけど、自分のところの土地で、自分のところの木なのだから、誰に文句を言われるわけではないというのがいいところなのだ。

今後にしてもそう。

製材の段階で、きっと失敗してダメにしてしまうこともあるだろうし、建てている途中で、なんか間違ったりすることもあるだろう。

柱を折ってしまったり、切りすぎたり、削りすぎたりするだろう。

ガラスを割ってしまうとか、いろいろ壊してしまうこともあるだろう。

でも、ノープロブレムなのだ。

それら、全てを経験したいがために、僕はやるのだ。

僕の人生で、最も大事なことは経験だと思っている。

だから、なんでも経験したいのだ。

危険なことでも、困難なことでも、経験しないで、完成品が与えられても、ちっとも面白くもなんともない。

「完成品させてやったから、代金よこせ」と言われても、僕にとっては逆。

「面白いところやりやがって、やらせてやったんだから代金よこせ」といいたいくらいだ。

というわけで、先は長いが、やれるだけやってみるのだ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE