今日から、家を建てるための木の伐採開始!

木は、夏に切ると水分が多くて虫がついてしまうので、秋から冬に切るのが鉄則だそうです。

さらに、新月伐採と言って、満月の翌日から新月の前日までの間に切るといいらしいのです。

僕の地元、浜松の北部、天竜という地区の天竜杉は、新月伐採を行っているようで、僕も、天竜杉に習って新月伐採にしようと思ったわけなのです。

と、いうことで、今日から、本格的に、家を建てるための木の伐採を開始しました。

<なんだか、色彩が、昔の写真っぽくなってしまいました>

山に来てから、見晴らしのためや、駐車場のために木を切ってきましたが、杉やヒノキは、今までとは違う難しさがあります。

それは、「高い(長い)」ってこと。

何十メートルあるのかわかりませんが、とにかく高いです。

そして、もう一つの難しさが、間伐をしていないことによって密集してしまっているってこと。

下の方は、幹だけなのでいいのですが、上を見上げると、横の木と枝が絡まっている感じに密集しています。

という心配は、的中して、今日は、もう大変でした。

一本目から、いきなりうまくいかない。

まっすぐ上に伸びているように見えて、高いので、ちょっとした重心のズレで、思った方向に全く倒れてくれません。

一本目は、道沿いだったので、クボちゃん(パワーシャベル)にきてもらって手伝ってもらいました。

<クボちゃんに、木を押してもらって、無事倒せました>

しかーし、困難は、この後も続きます。

倒したい方向に倒れない&木が倒れたい方向(重心の位置)が読めない&枝が絡まって動きゃしない!

なんてことが重なり合って、森の中はひっちゃかめっちゃか。

ここに誰もこないからいいけど、倒れた木が、他の木に引っかかってるわ、細い木を巻き込んで、弓のようにしなったままだわ、完全に切っているのに、上の枝が絡まって全く倒れてないわで、マジヤバ状態で1日が終わった。

あー、さらに、不幸なことに、チェーンソーが挟まって、ガイドバー(先っぽのチェーンがくっついているところ)がダメになってしまった。

なので、初日から作業中断。

早速、発注したけど、届くまで作業ができないという失態をおかした。

まあ、なんつっても、ど素人ですから仕方がないのです。

春が来る頃には、まともに切れるようになっているはずです。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE