21:30 風呂に入る

今日、初の五右衛門風呂を薪で炊いたのが、14:00ー15:00

15:30に風呂を出て、そのまま、六時間が経過した。

21:30になり、風呂に入ろうか、どうしようか?

と、迷って、そのままにしていたお湯に手を入れてみると・・・

「あったか〜い」

というか、六時間前よりも、熱くなってないか?

そんなわけで、21:30風呂に入る。

マンションのお風呂も、風呂桶の下部が発泡スチロールで覆われていて、さらに、浴室自体も窓がなくて、周りを覆われているため保温効果は抜群だった。

しかし、六時間も経てば、ある程度はぬるくなっているものだったのだが、この、薪とか火ってのは、マジすげーよ。とんでもねーエネルギー源だよ。

行きはヨイヨイ、帰りは怖い・・・という歌がある。

本来の意味などは、あまりよくわかってはいないが、この歌が、よく思い浮かぶ。

今日は、逆を思った。

火をつけて安定させて、薪をくべて、風呂が沸くまでは時間がかかる。

しかし、一旦沸いてしまえば、六時間後には、何もしなくても風呂に入れるのだ。

これ、夜に風呂を沸かしても、朝風呂入れるってことじゃね?

あっ!

でも、夜中に、ほったらかしておくっていうのは危険極まりないかもなぁ。

空気孔も全部閉めるには閉めるんだけど、どうなんだろ?

七輪の、一酸化炭素中毒事件があったしなぁ・・・

まあ、それは、またの話で。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE