甘酒を飲む意味

甘酒はうまい。

昔から大好きだった。

冬のお祭りなどで、無料で配っていて、それをもらって飲むのが、本当に好きだった。

そして、大人になって、酒カスで甘酒を作っていた。

今は、米麹で甘酒を作り初めた。

そこで気がついた。というか、甘酒の作り方のレシピに書いてあったので、知っただけだけど、甘酒を飲む意味。

甘酒だけじゃなくて、ヨーグルトを食べる意味とか、ヤクルトを飲む意味とか、納豆を食べる意味とか、それ全部、体に有用な「菌」を取り入れるってことだった。

「そんなこと、当たり前じゃんか!」と、言われそうだけど、甘酒に使う麹菌は、60度までがMAXで、それを超えると、菌が死んじゃうんだって。

なので、温めるときに、温度計を入れて、60度できっちり火を止めないといけない。

実は、さっき、トイレに行っていて、忘れてて、90度まで上がっちゃったのだ。

でも、飲めば、味は一緒。

だけど、僕たちには見えない「麹菌」たちは、死んじゃってる。

<玄米三分づきなので、ちょい黄色い粒が混ざってる。決して、保温しすぎた米ではないよ>

それで、思った。

まあ、味は一緒なのでいいけども、菌っていう生き物のことを考えて、保存とか調理とかする必要ってあるんだなぁって。

まあ、一般的には、冷蔵庫から出して、そのまま飲むとか、食べるとかいう食品ばかりなので、大して気に留めなくてもいいのかもしれないけど、売っている商品になっているものって、ちゃんと、有用な菌が生きているんだろうか?と、疑問に思うこともある。

ヨーグルトとか、納豆など、培養すれば、増えるのがわかるので、ちゃんといるんだろうけど。

元気かな?いっぱいいるのかな?とか、考えると、どうなんだろ?と、思ってしまう。

そんなことを考えていると、なんだか、自分が、ちょっとヤバい人間になってきたように思える。

先日、図書館で借りてきた、奇跡のリンゴで有名な木村さんの著書。

いや、菌は、顕微鏡で見えるけど。

もともと、考え方的には、こっち方面だけど、純粋に行動も、こっち方面に行きそうな気がする・・・いいんだけど。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE