みかんがうんめぇ

あー、みかんがうんめぇ。

今日、みかんを買ってきた。

実は、ここ何年も、あまりみかんが好きではなくなっていた。

愛媛は、みかんが有名だけど、僕の地元、浜松も三ケ日みかんというのがある。

じいさん、ばあさんの家が、三ケ日でみかんを作っていた。

なので、冬には、必ずこたつの上に大量のみかんが乗っていた。

昔、こたつに入りながら、延々とみかんを食べ続けていたものだ。

実家を出てから、自分でみかんを買うことがなく、しばらくみかんを食べない時期があったのだが、ここ何年か、いや、十何年になるかな?

どうも、みかんが美味しくないと感じていたのだ。

三ケ日みかんに限らず、どこで食べてもあまり美味しくない。

というか、僕は、少し酸っぱいくらいのみかんが好きなのだが、今のみかんは、なんだか甘い。

どうも、この甘いみかんというものが好きじゃない。

昔は、酸っぱめの小さなみかんを選んで食べていたのだが、今では、そういったみかんに出会うことがなくなっていた。

なので、どうも、みかん自体が、好きではなくなっていたのだ。

うちから山を下って、部落を出るところの国道沿いに、夏はスイカを売っていた小屋がある。

今日は、そこに、みかんが並べられていた。

8個入って100円。

せっかく、愛媛に来たのだからと、柑橘を今まで幾つか買って食べてみたが、まあ、はっきり言って高いばかりで、大して美味しいものには出会ってはいない。

みかんも期待はしていなかったが、100円だし・・・と思って買ってみた。

食べてみると・・・

おおっ!これは、懐かしい味。

昔好きだった、みかんの味によく似ている。

ただ、今は、まだ黄色くなっていない早い段階だから、こうした味なのかもしれないが。

もっと、色づいたら、味はどうなるのだろうか?

わからないけど、よかった、みかんがうんめくって。

なんか、嬉しい。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE