うまいぞ、新米!三分づき

先日、奥様の実家から新米をもらってきた。

帰りの飛行機は、成田発なのでジェットスター。

お金を払えば、荷物が載せられるけど、そうじゃなければ、全ての重量7kgまでと制限がある。

せっかく、5kg用意してもらった新米だったが、どうにも軽く7kgは超えてしまうので、泣く泣く減らして持って帰ってきた。

いつもは、精米してもらうのだが、第一に、まだお米が残っていて、精米したものは悪くなりやすいこと、第二に、山に暮らしていると、なんとなく白米よりも玄米の方がいいように思えてくる。

ということで、とりあえず三分づきで用意してもらった。

本日、初炊き。

新米と古米では、水の量が結構違うが、今日は、ちょいミスって入れすぎた。

炊き上がったところ、蓋を開けたら、ちょいとビッチョリな感じ。

しかし、それでも、やっぱり新米。う、う、ウーーーうまい!

それも、白米よりも三分づきの方がうまいかも!?

白米がうまいというのは、何十年も昔からの神話ではなかろうか?

アワやヒエ、芋などしか食べられなかった時代は、「白いお米」は、贅沢品だったとのことだから、その頃の「白米は玄米よりもうまい」という印象が染み付いているのかもしれない。

と、思えるくらい、三分づきうまい。

ちなみに、三分づきというので食べたのは初めて。

あー、なんで新米ってこんなにうまくて、時間が経つとこのうまさがなくなってしまうんだろう?

どうしたら、新米のうまさを維持できるのだろう?冷蔵庫保管かな?

そういえば、使ってない冷蔵庫あったなぁ・・・


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE