ようやく極度の緊張から解放されたか?

投稿日:

FAN(犬)が来て、5日目を迎えた。
今朝は、明るくなりかけの5:30頃にエサをあげた。
昨日までは、朝メシは食べなかったが、今日は、エサを置いて、僕がその場を離れるとすぐに食べ始めた。

よっぽどお腹が空いていたようだ。
昨夜のビデオの録画を見直してみると、うんちを4回もしている。
センターを出るとき、うんちをしていたが、それでも、よっぽど溜まっていたと思われる。
そして、うんちをしたことで、腹が減ったのか、なんと、

自分のうんちを食べていたのだ。

もう、うんちも空腹も限界だったんだろうな。

そして、今日は、朝から死んだように眠っている。
本当に死んでるんじゃないか?と、思って心配になったほどだ。
きっと、極限を超えた緊張だったのが、ようやく晴れてきたのかもしれない。
さらに、昨日は、ずっと座っていてフラついていたほどだったから、かなりお疲れモードなんだろう。

昨日のように、外に出てくるかなぁ?と、思っていたが、今日は、囲いの外に出てこない。
そこで、外に連れて行ってみることにした。
何か、進展が起こるかなぁ?と思って。

一昨日、外に連れ出した際。
抱っこしているときは大人しいのだが、下に下ろした途端に、落ちていた枝の下に頭を突っ込んで、懸命に隠れようとしていた。
これは、余計にストレスだろうと思い、一昨日はするに引き返したのだが、さて今日は?

一昨日と同じように、下に下ろしてみた。
今度は、物陰に隠れには行かず、下ろした場所でジッとしている。
そのうち、地面の匂いを嗅ぎ始め、ほふく前進で移動している。

レンジャーか?

って感じ。
近くをぐるぐる回るように匂いを嗅いでいる。
そしてちょっとしたくぼみを見つけると、そこにスッポリと収まった。
今度は、歩くかなぁ?と思って、僕が立ち上がり歩き出そうとしたのだが、FANは、微動だにせず。
まだ、お散歩には早いのかな?と思い、小屋へ戻った。

毎日、少しずつ警戒心が溶け、緊張が緩和され、安全な場所にいるんだと感じてくれたら、僕は嬉しい。

ここ数日、FAN(犬)の話題ばかりで、OPERA(ヤギ)が忘れられてそうだが、ちゃんとOPERAのことも気にしている。
今日も、トラロープでくくりつけられて窮屈そうだったけど、もう少し辛抱してもらわねばならない。


-ANIMAL:動物, MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.