砥部で最もシャレたそば屋へいく

投稿日:2017年9月8日 更新日:

伊予郡砥部町。

松山市の南側に位置する町。

人口2万2千人。

現在は、役場のあたりが、町の中心のようになっているが、今でも?かどうかわからないが、町の中心「砥部市街地」という場所がある。

そこには、昨日訪れた、坂村真民記念館、砥部焼産業館、A・COOP、そして、多くの商店。

その中の一つに、とってもシャレたそば屋がある。

今日は、そんな、シャレたそば屋に行ってきた。

田舎には、そば屋が多い。

水にこだわって、田舎に出店する人もいれば、定年退職後に第二の人生としてそば屋を開店する人も多い。

僕が、今まで食べた蕎麦で、一番うまいと思った店は、富士宮の「そばの実 一閑人」だ。

主人は、定年退職しているような年齢ではないので、やっぱり富士の伏流水が魅力で、出店しているのかな?とにかく、うまい。

しかし、そば屋というのは数あれど、ほとんどの店が、正直って、値段不相応というのが一般的な気がする。

蕎麦の実やそば粉が高額なんだろうと思うけど、そば粉が高くても、その蕎麦が活かせていなければ意味がないだろう。

どんなに、石臼で挽いても、手打ちで打っても、正直言って、9割のそば屋はうまくないと、僕は思っている。

あー、一閑人の蕎麦が食べたい。

あー、うまい蕎麦が食べたい。

もー、自分でやるしかないのか!?またかよ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.