1ヶ月ぶりに、帰ってきたカレヤン

昨日、1ヶ月ぶりに、56km離れたポルシェセンター四国中央へ。

<POESCHEのエンブレムが眩しい!>

なぜ、56kmも離れたポルシェセンターに行くのかというと、四国にはポルシェセンターが1軒しか無いんだって。

東京だと、10kmごとに次々とポルシェセンターがあるくらいなので、結構、びっくり。

それと同時に、四国最大の都市である松山ではなく、東の都市の高松でもなく、その真ん中の四国中央なのだ。四国に1軒と考えると、四国のどこからでもアクセスができるようにってことなのだろう。

でも、もう直ぐ、高松にセンターのメインショールームを移動するらしい。

ってことは、松山にポルシェセンター作るのもいいんじゃないか?とも思ったが、それは、僕の役目では無いな。

<たそがれる俺っち。山男には見えないだろう>

話を戻して。

カレヤンの修理が、ようやく出来たとのこと。

部品が、カブリオレの幌のシリンダーなんていうものは、国内には無いってことで、本国ドイツへ発注して、到着するのに時間がかかったのだ。

<こいつがシリンダー。アルミの削りだしで作られてる>

通常、こうした交換後の部品は、ショップに置いてきて処分してもらっちゃうものだけど、見た瞬間。

「見えない部品なのに、あまりにも美しい」ってことで、もらってきました。

本来であれば、シリンダー自体はまだまだ使えるのだ。

その中の、小さなゴム製のパッキンが劣化してオイルもれが発生していて、修理となっていた。

本来なら、パッキンだけ交換すれば済むんだけど、正規ディーラーと言われるところでは、メーカーから部品が供給されていない限り、勝手に改造して修理したりはできないのだ。

つーことで、シリンダーごと交換になってしまっているわけなんだけど、本当に、もったい無い。

このシリンダーは、僕のコレクションとして飾るのだ。

<展示されている最新ポルシェたち>

車の脇に、その車のスペックや価格が記載されている。

ローンについての金額が書いてあったんだけど、911Carreraに書かれていた金額が、正直おもろかった。

頭金580万円、月々133,000円

世の中に、こんな支払い方をする人がいるのか?と不思議に思うけど、きっといるんだろうなぁ。

で、山に帰ってきました!

うーん、こうしてみると、どう見ても、山男になりにきた奴ではなく、山の別荘に遊びに来ているだけにしか見えんな。

でも、まあ、いいのだ。そう思ってもらっている方が気が楽なのでね。

ナンバーも、「品川」っていうのがイヤラシイな。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE