ダイソーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

ダイソーへ行った。

結構近くに、小さめなのがあったのだ。

何を買いに行ったかというと、水が出なくなった事件のあと、水道屋さんに、この山の水設備の仕組みについて聞いたわけだけど、どうやら、今までもずっと、問題は「取水」にあることがわかった。

水道屋さんが作ってくれた取水設備も、実際には、すぐに目が詰まってしまい、取水できなくなってしまう。

作ったのが、約10年前らしいのだが、その後も、結局、取水できないので、沢周辺には、水道用のホースが至る所にあり、いろんなところへと繋がっている。

のだが、結局、1箇所もうまく取水できていなかったのだ。

つーことで、改造するために、材料をダイソーへ買いに行ってきたのだ。

用意したのは、プラスチックのザル、茶漉し2個、ステンレスの針金、あと、ペンチと金属が切れるって書いてあったノコギリ、ペンチとノコギリは、それぞれ二百円だ。

まず、初めに書いておかないといけないこと。

それは、ペンチが全く切れん!

本当に、全く切れん!

1mmも切れん!

何も切れん!

つーことで、何も切れずに、お払い箱。

次に、ノコギリ。

金属は、全く切れん。

かろうじて切れたのは、プラスチックのザルのみ。

みなさんにお知らせです。

100円ショップの、切断系の道具は、買ってはダメです。

本当に、本当に、本当に、全く切れません!

ゼェゼェ。息が上がった。

まあ、100円の倍と言っても、200円の商品ですから、それはそれで仕方がないです。

けど、400円ドブに捨てました。

さらに、結果として使いましたけど、茶漉し。

すぐに破れます。

耐久性は、きっと、全くありません。

が、今回は、針金で縫って使いました。

一回設置すれば、あとは、たまに掃除するだけなので、良しとします。

まあ、全部で、1,000円しかかかってませんので、本来の用途が満たされていれば良いってことにします。

ちなみに、何とかやりました。

プラスチックのザルを、ガシャガシャと切断して、細かい砂が入らないようにして、さらに、取水口に、今まで付いていた網目のキャップでは、網目部分が狭すぎて、すぐに目詰まりしてしまいましたが、今度は、茶漉し2つ重ねにしたので、今までと比べれば、網目の面積は5倍程度に拡大。

これで、しばらくは取水できるハズ。

ほぼ、ダイソーの話だったけど。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE