複雑な思い・・・

奇襲しました。

複雑な思いです。

昨日、ヤラレタとはいえ、皆殺しとは。

と、言っても、今回の巣があったのは、屋外にある五右衛門風呂から、ほんの4、5mの場所。

やらないわけにはいきません。

前回も、住んでいる小屋の入り口の上でしたから、ほったらかしにはできません。

今回も、めちゃめちゃ緊張しました。

前回は、網戸作りで余っていた網をかぶりましたが、もっと、頑丈なやつを持っていることに気がつきました。

フルフェイスのヘルメットです。

さらに、不燃性のレーシングスーツがありました。

不燃性なので、多分、素材的に針が通りにくいのではないか?と、勝手に予測して着込みました。

レーシングスーツの上には、下はダボダボジーンズ。

上は、モコモコダウンで、針の長さが届かないように、厚みを確保。

そして、最後は、ツルツル素材で、蜂が掴まりにくいように、ウィンドブレーカー。

手袋は、厚い皮で出来た、バイク用の冬用手袋。

首は、ダウンとウィンドブレーカーの襟を立て、その中に、長いスカーフをぐるぐる巻き。

「きっと、これで大丈夫!」

と、思ってみても、心臓の鼓動は早くなり、息は荒くなってきて・・・

メットのバイザーが曇るやんけ!

近くにあった、エタノールで拭き拭き。

しながら、よく、”アルコールで拭かないでください”とか、見るなぁ。

とも思ったが、今更遅いし、そんな悠長なことを考えている場合ではない。

そして、手には、スズメバチジェットPROを両手に持ち、片方には、LEDライトをくっつけた。

さて、いざ、出撃!

近くに行くと、一匹出てきたので、シュー!

次も出てきたので、シュー!

また、シュー、また、シュー!

シュー、シュー、シュー・・・

前回の時は、あまりの恐ろしさに、一缶連続で巣に向かって吹き続けたけど、今回は、缶に「強力噴射のため45秒で終わります」と書いてあるのを読んで、2缶あるけど、連射したら1分半で終わっちゃうじゃん!と思い節約噴射にしたわけです。

幸いにも、7、8回シューシューやった後は、もう出てこなくなったので、しばらく、ジーと様子を見て、巣の周りにシューと一吹き。

さらに、巣が木の根元の穴の中なので、とりあえず、新聞紙を詰め込んでシュー。

終わりました。

「やってやったぞ!」

と言う気持ちではなく、なんとなく後味悪い感じ。

ここに来て、どのくらいの生き物を殺しただろう?

植物なんて、切りまくってるし。

でも、こう思いながらやっているのです。

都会や住宅地は、初めから何もなかったんじゃない。

誰かが、虫や動物を殺し、植物を根絶やしにしてきたから、そこに人が住めるようになっているんだ!と。

今日、ちょうど、代車のラジオから聞こえてきたのが、アメリカの開拓時代の話題でした。

開拓者側からすれば、新しい何もない土地を開拓した。と見えるけど、実際には、虫や動物、植物だけでなく、ネイティブアメリカンを殺して、その土地を奪ってきたのだ。と言うような内容だった。

僕も、そんな気持ちではある。

でも、都会や住宅地は、自然を根絶やしにしすぎていると感じる。

軽井沢や田園調布、ワシントンDCなどは、一区画の土地が広くて、多分、どこも一区画300坪程度だと思う。

そうすると、必ず、家々に庭があって木がある。

木々が多く、庭をコンクリートやアスファルトで埋め尽くさずに、土があれば、夏は、もっと涼しいのではないだろうかと思う。

土地を、小さく小さく分けてしまって、家をぎゅうぎゅうに建てる。

それは、都会や都心のベットタウンだけでなく、日本中どこでも、そんな感じだということがわかったよ。

古い家は、土地が広いけど、新しい家は、みんな30坪とか40坪とかで分譲されてしまっているようだ。

話が大きくそれたけど、とにかく、なんとなくスッキリしなかったけど、とりあえず、スズメバチの巣を壊滅させたぞ!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE