今日は、釣り師

山に来てから、初めて水源へ行った。

以前、水源の池に鯉がいたので、出しておいてくれるように言っておいたが・・・

いた。

仕方がないので、網を持って鯉を捕獲しに行くも、全然とれない。

図体は、どっぷりでかくて、動きがのそいくせに、いざとなったら素早い!

これでは、出しておいてと言っても、なかなか難しい。

そこで、今度は、釣り師に変身。

小学生以来、ほとんど釣りをやってないけど、やりたいやりたいと思って、道具だけはちゃんとある。

まずは、ルアーでやってみる。

鯉が、興味を示してきた。

食った!

ビシッ!と、合わせるも外す。

(後で、鯉の口を見たら、切れていたので、針が細すぎたのだ)

同じルアーでは、逃げてしまうので、違うルアーにチェンジ!

しかし、ダメ。

今度は、フライを投げてみるが、鯉の口は下向きで、フライなどには、全く興味を示さず。

興味を示してきたのは、アメンボだけ。

最後の手段、エサ釣りだ。

ミミズコンポスト用の、シマミミズを数匹確保して、エサ釣りをやってみる。

が、すでに、警戒しているのか、逃げるばっかり。

じゃあ、しばらく、ほっておいたらどうなるかと思ったが、いつまで経っても全くダメ。

仕方がないので、池の整備をして、水源のずっと上の方がまで行ってみて、帰ってきたけど、竿に変化なし。

と、その時!

鯉が、なんかいい位置に来た。

網を持って、忍び寄る。

すみっちょに来た時に、「とりゃー!!!!」

と、網を下ろすと、鯉はパニクったのか、岸の方へ。

そこで、岸向かって、網を引く。

「オッシャー!!!」確保!

やりました、ついにやりました。

これは、神様の力が働いたとしか思えない。

鯉を網に入れたまま、下の方にある、農業用のため池へ運んだ。

ため池に入れると、どこからが、2匹の鯉が迎えに来た。

この3匹は、きっと、兄弟なのか、親子なのか、友人なのか。

ずっと前に、人間によって、移動させられちゃったけど、こうして、また元の場所に帰ってきたんだと思う。

3匹の鯉を見てると。

邪魔な鯉を排除しただけなのに、なんだか、いいことしたように感じる。

なんか、よかった。お互いに。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE