レンタサイクルで、東京の街を走る

結構前から、東京の街で見かけるレンタサイクル。

僕の住む、千代田区では「ちよくる」というけど、地域によって名称は違う。

ずっと前は、ちよくるは、千代田区のポートに返却しなければならなかったので、使用するには非常に不便だったので、目の前の公園にポートがあるのに利用したことはなかった。

もちろん、自前の自転車があるので、それだけで、利用する機会はなかったのだけど。

現在は、千代田区・港区・中央区・江東区など、どこのポートに返してもいいし、どこのポートからも、借りられる。とっても簡単になったのだ。

少し前、自転車を、今後の東京での活動用に、奥さんの実家に置いてきてしまったため、いよいよ、レンタサイクルを借りることにした。

電動アシスト付きなので、きっと楽チンだと思ったけど、確かに、出足や坂道は、ぐいぐいとモーターの力で押してくれるので、坂道でも自転車を押す必要性は全くない。

しかし、普通の平坦な道では、結構こぐ。

車体自体が重くて、それでいて、小さいので、スピードは全く出ない。平坦な道では、さほど、モーターアシストが効かないので、平坦な道が続くと、スピードが遅いわりには疲れることを発見した。

自前の自転車だと、平坦な道は、単に足を動かしているだけで、前にぐんぐん進む。スピードも出るので、楽チンで軽快だ。

坂道は、結構パワーがいるけど。

皇居の脇を走っていると、目の前に、同じ赤いレンタサイクルが走っていた。サラリーマン風の、中年男性だ。その前にも、同じようにスーツ姿の男性が、赤いレンタサイクルに乗って走っている。

3台続けて、レンタサイクルとは!流行ってるなぁ。

電車で、移動するよりも自由にどこでもいけるし、料金は、電車賃並、それでいて、渋滞もラッシュもなく、風に当たって疾走できると考えると、やっぱり自転車はいいものだ。

特に、都内の中心部で乗るのは最高にいい。

電動アシスト付きだが、先にバッテリー残量を確認しないと「0%」の時があるよ

目の前を走る男性もレンタサイクル、そして、見えてないけど、その前も。

(ちょっと見えてる人は、スポーツサイクルだよ)


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE