1年2ヶ月通った、クラヴマガを終えた。

昨年の春。あまりにも、肥大化した腹回りをそぎ落とすため、何か運動をしないといけないと、いよいよ思い立った時、「そういえば、近所に、何だかジムみたいなのがあったなぁ」と思い出す。

家から、ほんの100m先に、護身術のスタジオらしきものがあった。

「KRAV MAGA」と書いてある。

早速、ググる。

すると、「護身術」とある。

護身術なら、単に運動するのではなく、技も覚えられるし、格闘技のようにややこしいルールもない。これなら、いいんじゃないか!家から最も近いし。

ということで、奥さんと一緒に体験レッスンへ行ったのだ。

奥さんは、パスだったが、僕は入会した。

それから、ひと月に1kgのペースで、ウエイトダウンして、3、4ヶ月で理想体重に。

さらに、筋力増加で基礎代謝アップ、お腹周りもスッキリ。

僕は、平日の昼間出放題のDAYコースだったため、たっぷりと通えて、月1万円は、安かった。

当初、奥さんとライザップを検討したが、ライザップで、ムキムキになるよりも、クラヴマガで細マッチョの方がはるかにかっこいい結果になる。何といっても、技が身についたことは大きい。

護身術というと、守る一方のように思えるが、守る・逃げるは、基本だけど、半分は、攻撃も訓練する。練習とかトレーニングという言葉よりも、訓練といった方がしっくりくるほどの戦闘術だった。

確かに、クラヴマガのTシャツにも、『接近戦闘術』って書いてある。

護身術といえばわかりやすいだけど、結局は、軍隊で使うような戦闘術。イスラエル軍とか、FBIなどが身につけるようなものなのだ。ということが後にわかった。

そんな、クラヴマガも、6月で終えた。

もちろん、引越しで愛媛に行ってしまうため通えないからだ。

人と戦うことはなくても、得たものは大きい。

第一には、身軽になった肉体と、筋力だ。このおかげで、山でもへこたれずに済みそうなのだ。

もしも、何もやっていなくて、単に山に行ってしまったら、体力も筋力もなく、へばっていただろうと思う。

そして、簡単には動じなくなったこと。

やってきたのは、対人だけど、どんな状況でも何とかなることを教えてもらった。

これからは、相手は、イノシシだったり、蛇だったり、蜂だったりだけど、まあ、何とかなるっしょ。という思いが、培われた・・・ハズ。

最近では、平日の特に火曜日、女性の比率が多かった。

時には、女性の方が多いなんてこともあったほどだ。

受付のお姉さんに話を聞くと、多くの人たちが、何かきっかけがあって、習い始めているというのを聞いた。

僕は、家が近いとか、痩せたいとか、貧弱な理由で始めたけど、みんな、人生色々経験してきて、ここにいるんだと思うと、真剣さを感じたよ。

僕は、辞めてしまったけど、クラヴマガは、本当におすすめ。

ただし、結構ハードなので、男性はいいけど、女性は気合いが必要かもしれない。

レディースクラスを作って、女性に特化した護身のトレーニングがあるといいんだけど、現状では、男性と一緒に、戦闘術もやっているので、筋トレやパンチ・キックなど、ハードな訓練もやるんだ。

ライザップ行くなら、クラヴマガでハードトレーニング+護身術+戦闘術を、身につけることをおすすめ!

ほんの1年で、役目を終えたグッズたち。でも、山でも気をサンドバックにして頑張るけどね


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE