最後の、珈琲豆焙煎

東京での最後のコーヒー豆の焙煎を終えた。

約1年ほど前から始めた焙煎。

きっかけは、顧問税理士のみっちゃんが、自家焙煎しているっていうのを聞いてやり始めたんだ。

何といっても、今まで、焙煎後の豆を100g500円程度で買っていたのに、生豆なら、500g500円程度買えちゃうってことだったので、これは、やらない手はないと。

色々と調べてみると、そりゃプロの腕や焙煎機でやった方が、ちゃんと炒ることができるようだが、何事も経験だし、その経験ができて、なおかつ安く収まるということなら、ちょっとくらい失敗してもいいじゃん!ということで、フライパン焙煎を始めだのだ。

豆は、コーヒー流通センターで、10kg6,500円のルビーマウンテン(ベトナム産)

高いコーヒー豆を買って、失敗すると悲しいので、比較的安物でチャレンジした。

安物といっても、正直、うまかった。

焙煎は、何度かやってみて、入り具合を調整していったが、3回目くらいには、なかなか良い具合に仕上がった。やってみれば、何でもできるものだろう。

そして、好評だった、アイス豆乳オレを作ってみると、これが絶品。(あくまでも、飲んでみてもらったことのある数人の評価だが)

そして、今日、最後の焙煎をした。

山に行ったら、ガスコンロじゃなくて、缶コーヒーのCMでよく謳っている「直火焙煎!」っていうのに挑戦しようと思う。

相当、熱そうだけど・・・

10kgの生豆「ルビーマウンテン」ブルーマウンテンの親戚みたいで良さそうだったので、これにした

ガスコンロで、フライパン焙煎も、今日で最後

地味に、出来の悪い豆をピックアップする


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE