メイクは、ちょっと濃いめにする:宣材・オーディション写真編

写真は、現実の3Dではなく、2Dの世界。

2Dでは、立体感がありません。

そのため、顔や体という立体物も、平面的になってしまいます。

それをカバーするのが、ヘアメイクです。

いつもよりも、少し立体感をつけたメイクを施すことで、いつもと同じように見えてくるものなのです。

 


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE