顔を準備してから、カメラを向く

 「カメラを見ると緊張する〜」という方に朗報です。 

ズバリ!カメラを見ないでください 

そう、簡単な話、カメラを見るから緊張するんです。 

カメラを見なければ緊張は、かなり少ないでしょう。 

撮る瞬間までカメラを見ないで、下を向いてイメージします。 

どんなイメージするのかというと、鏡に向かって良い顔をしている自分をイメージするんです。 

鏡を見ているときに、どんな顔をしているのか思い出してください。 

自分が理想とする自分の顔を頭に思い描くのです。 

そして、下を向いたままやってみます。 

なんとなく、鏡を見ているときの感覚になったとおもったら、

すーっと顔を上げて

「カシャ!」
 

どうですか?うまく行かない?そうですか?

それなら、もう1つやりましょう。
 

カメラが前にあると思うから、どうしても意識してしまうのです。 

そこで、こう思います。 

「目の前にいるのは、大好きな人だ」と。 

「そんな簡単にイメージなんて出来ないよ」そうおもったら、もう少し簡単に、こう考えます。 

「目の前にあるのは、鏡だ」と。 

鏡を見るように、顔を上げてみてください。
こっちのほうが簡単でしょ? 

今まで、イメージしてきた自分の顔が、目の前に写ると思うだけでいいんです。 

 「そんな、子供だましみたいな事が通用するのかなぁ?」

そう思いますか? 

実は、イメージというのは、影も形もないように思うかもしれませんが、そうではありません。 

良く「イメージトレーニング」とか「思考は現実化する」などという言葉があるように。 

いい顔の自分をイメージすると、それが、現実の顔に影響を及ぼすようになるのです。
 

どうせ、何も変わらないのなら、
試してみても損はないと思って、やってみて下さい。  


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE