アゴを引く:証明写真編

「アゴを引いてください」

良く言われることですが、なぜ、アゴを引くと良いのでしょう? 

中には、アゴを引くと二重あごになってしまってイヤだ。

と、思っている人も多いでしょう。 

実は、アゴを引くと良いのではなく、 

なんと!

写真を撮るときだけでなく、

普段から
“アゴが上がりっぱなし”

だというのが真実なんです。 

「えー、そんなことないと思うけど・・・」そう言う声が聞こえてきそうです。
 

なんで、みなさんは、自分がアゴが上がっていないと思っているのでしょう?

 それは、
鏡を見ているときはアゴを下げている
からなんです。 

「そ、そんなことあるの?」

また、そう思ったでしょう。 

そこで、実験してみましょう!

 まずは、鏡の前に立ちます。座っても良いです。 

いつもの調子で自分を見ていてください。 

そして、体と顔の角度を固定して止まってください。 

そうしたら、鏡に自分が写らなくなるように、そっと鏡をずらします。

 又は、体の向きをゆっくりと変えていきます。

 

すると・・・

 なんか、首か肩の辺りに違和感を感じませんか? 

なんだか、ムズ痒い感じがするでしょう。
そこで、アゴを上げてみてください。 

すると・・・一瞬にして、ムズ痒い違和感がなくなってしまったことでしょう。 

「な、なにこれ!?」

そう思いましたか?

 実は、こういう仕組みになっています。 

人には(動物もです)五感があります。 

その中で、目が見える人にとって「視覚」を一番重視
しています。

例えば、目の前にメロンがあります。 

匂いをかいでみるとリンゴの匂いがします。 

さて、これはなんでしょう?
 

この質問に、

「メロンに見えるリンゴ」

と答える人はほとんどいません。 

ほとんどの人が「リンゴの匂いのするメロン」と答えます。

 と、言う具合に「目」が一番エライとしています。

 このことが分かった上で、話を元に戻します。 

鏡を見ているとき、人は「目」で見ています。

 実は、このとき、鏡を見た瞬間に、

 “一番良い自分を演じている”

のです。

 そこに写っている自分自身は、正直に言うと「なかなかイケてる」のではありませんか?
 

そして、先ほど鏡から目を離すと、違和感がありました。

 しかし、アゴを上げると違和感がなくなった。

 いったい、どういうことなのでしょうか?
 

それは、鏡を見ているときは「視覚」で確認してみています。 

目から入った「いい顔」の情報は、脳に送られ「よーし、今日もイケてるぞ」と思っています。

 ところが、首や肩の神経は、こう言っています。

 「なんだか、心地が悪いよー。いつもと違うよー」と。

 しかし、この悲痛な叫びは脳には届かないんです。 

なぜなら、優先順位が「視覚優先」だからです。

 

視覚で正しいとしていることを、神経が間違っているといっても、脳には聞き入れられないんです。

だから、鏡の中の自分といつもの自分が違うという訳なんです。 

では、いつもの自分は、どんな顔をしているのか見てみることにしましょう。  

今度は、違和感のない状態で、顔や体が動かないように固定してから鏡を見てください。 

「おっと!動かしてはいけませんよ。もう一度」 

・・・・
どうですか? 

信じられませんよね? 

信じたくないけど、これが真実なのです。 

答えは、こういう事だったんです。 

でも、安心してください。

写真を撮るときだけでなく、日常から、少しアゴを下げるクセを付けていけば、徐々にアゴが下がってきます。 

今、鏡で見た悪夢から、解放されることが出来るんです。

ぜひ、頑張ってみてください。
 

追伸:「なんだかわかんないなぁ?」というかた。今すぐ、鏡の前でお試しを。  


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE