お金の使い方2

以前、カメラマンとして
アリアで働いてくれていたFくんの話をしようと思う。

彼は、面接に来たときに、
履歴書に写真が貼ってなかった。

写真屋に来るのに・・・と思ったが、
理由を聞くと

「会うのだから不要だと思う」という答え。

確かにそうだ。

そんな、少し変わったところのあるFくんと、
面接時に3時間ほど話をした。

僕も、変わり者なので気が合ったのだろう。

彼が面接に来たときは、年齢は30歳くらいで、
既婚者で大学院生だった。
一度、大卒で就職したが、退職して大学院に入学したらしい。
奥さんは働いていて、その間、子供も授かった。

どうやって生活をしているのかというと、
奥さんの収入と貯金だそうだ。

大学院を卒業後は、大手企業に就職したのだが、
また、ビックリさせられることがあった。
今度は、奥さんが大学院生になったというのだ。

そして、第二子が誕生。

すごい、よくやっていけるものだと感心した。

次にビックリさせられたのは、
奥さんが大学院を卒業したからだっただろうか、
家族でヨーロッパに旅行に行くというのだ。
それも、1ヶ月間。

旅行に必要な費用は、およそ100万円。
ス、ス、スゴイ、凄すぎる。

凡人には、とても考えられない出来事だったが、
今、考えてみると決して驚くことではなかった。

例えば、月20万円の収入だとする。
学費は貯金で賄うと考えて、
家賃、光熱費、云々で10万円、
食費などで5万円、5万円を貯蓄に回せば、
4年間で約250万円貯金できる。

100万円を旅行代金に充て、
その後、北海道に移り住んだが、
残りのお金で引っ越し費用も十分に賄える。

これも、収入云々の話ではなく、
お金の使い方の違いによるものだろう。

*内容に関しては、うるおぼえなので正確さには欠けますが、その点はご了承を。

-MARK'S LIFE:日常

© 2022 Mark's LIFE