ダイヤモンドの輝きを極めた男

こんにちは、ALIA Markこと永田昌徳です。

昨日、「ダイヤモンドの輝きを極めた男」こと、
重富豪さん(しげとみごうさん:株式会社ボロン社長)に会ってきました。

仕事柄、会う人の90%は女性ですので、
ダイヤのネックレスだとか、指輪だとかは
まあまあ、目にする機会は多いのですが、
たまーに、年に1人くらいかな?
一瞬で「すげー」と思えるようなダイヤモンドを付けている人と出会います。

いままでは、実際、なんだか分かんないけど「すげー」と思っていましたが、
ちょっと、ダイヤモンドを見る目がつきました。

当たり前と言えば、当たり前ですがダイヤモンドは「輝き」の美しさで決まる。
というわけです。まあ、当然ですけど。

その輝きは、ダイヤモンドの質でも決まるのかもしれませんが、
カットによって、輝き方が全然違うのを、直に見ることが出来ました。

最も簡単に分かる方法が、
手や筒状の物で、光を極力遮って見たときです。

光の反射がものすごくいいダイヤモンドは、
暗くしても、隙間から入るほんのわずかな光でめちゃめちゃ輝きます。

でも、そうでもないダイヤモンドは、周辺が暗く落ち込んでしまいます。

なので、ダイヤがコロコロと転がって、
ソファーの下とかに落ちてしまっても、
キラキラを輝くので、全然平気らしいです。

僕も、ダイヤモンドが欲しくなってしまいました。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE