はちみつレモン作り

レモンといえば、スーパーに売っているもので、そのほとんどは、外国産というのが、今までの僕の常識だった。しかし、愛媛に来て、レモンというのは国産が当たり前だという現実があることを知った。それも、多くの家で自家栽培しているということも驚きだった。

ってことで、こっちに来てから、レモンの皮も平気のへっちゃらでバクバク食べている。で、身も皮も存分に味わえて、なおかつ保存が効いて、疲れた体を回復させてくれるのが、はちみつレモンだ。

レモンをスライスしてはちみつに漬けておくだけである。
一番最初は、レモンを洗ってしまい、水分が入ったことで失敗したが、レモンを拭くだけにして水分を一滴たりとも入れないようにすれば、ちゃんと保存が出来ることがわかった。

レモンは、ほぼ、買うことはなく、貰い物で十分な量がある。まあ、買っても大した値段ではない。みんなが作っているので、結局、安く買えるのだ。

今作っても、夏まで保つので、原液を水で薄めて水筒に入れて、夏にバクバク飲む。これで、エネルギーの元になる糖分と、疲れた体を回復させてくれるクエン酸が摂れるのだ。

夏に、お勧めの一品である。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE