日本食を食べに「ほたる食堂」へ!?

投稿日:2018年4月18日 更新日:

ハノイに来て10日が経過した。

ちょいちょい、洗濯はして来ましたが、昨日に引き続き、今朝は、溜まった洗濯物を、一気に洗って、VILLAの屋上に干した。

しばらく、雨が続いていたので、洗濯日和なのだ。

そろそろ、やっぱり日本食が食べたい。そんな気になってくる。

そこで、日本食レストランを探すと・・・ありました。

「ほたる食堂」

日本人が経営する、ちゃんとした日本食レストランです。

なぜ、こんなど田舎に存在するのかというと、二つ隣の村に、どでかい工業団地があるのです。ここは、住友商事が作ったらしく、日本企業がわんさかありました。

そんなわけで、日本人もたくさんいるようで、工業団地の中に、ほたる食堂がありました。

ってことで、VILLAで自転車を借りてLet's GO!

徒歩と比べて、自転車は、まさに文明の利器。あっという間に到着してしまいました。

いやはや広い。

はるか延々と続いています。

CANONのヘビーユーザであるわたくしは、EOS-1Dを肩にかけ、堂々と入っていきます。

と言っても、半ズボンにサンダル+ボロボロの自転車ですが。

さて、ほたる食堂はどこかなぁ?と探していると、看板がありました。

もろ日本語です。

完全に、日本人だけを相手にしています。

ほたる食堂のある建物に入りました。

「んっ?一階にレストランがあるのですが、どうも違うような???」

フラフラとしていると、「I can speak english 」と声をかけて来た、ベトナムの若者がいたので、聞いて見ました。

「Hotaru restaurant?」すると、一階の食堂を差して「Here」と言います。

「ん〜、本当にここなのか?」

彼は、親切にシステムを教えてくれます。

「このカウンターでチケットを買って、あっちで料理をもらうんだよ」と。

僕たちは、言われた通りに入りますが、カウンターのメニューには、25,000ドン(125円)と30,000ドン(150円)の二つのメニューが。

「看板で見たのと違うなぁ?」

看板には。

全てのメニューが、160,000ドン(800円)と書いてあったはず。

そう思いながらも、チケットを買ってしまって、料理を受け取ってみる。

やっぱし全然違うやんけ!

親切に教えてくれた彼は、僕が発した「HOTARU」というのは聞き取らずに、単に「Restaurant」だけを聞き取って案内してくれたようだった。

実際には、ほたる食堂は、二階に上がったところにあったのだ。

「あ〜、日本食逃した」まあ、仕方がないけど。

同じ建物の、一階と二階で、出されるものに大差ないのに、価格が五倍以上違うなんて、普通では考えられない。

大衆居酒屋と銀座の高級クラブ並の違いである。

ここに貧富の差があるのか?あまりにも露骨なような気がするが・・・

露骨すぎて、貧富の差ということも感じないほどだ。

ベトナム人の人たちは、これをどう感じているのだろうか?不思議な感じがした。

ランチの帰りには、デザートタイム。

いろんな甘味をまぜこぜにしたベトナムの名物デザートだ。

価格は、10,000ドン(50円)

おばちゃんに、まぜまぜしてもらっている動画もあるよ。

URL: youtu.be

だんだんと、ベトナムに馴染んで来てしまったが、あと一日半で日本に帰る。

なんだか、物価の安さに慣れて来たせいで、日本のすべてのものが高く感じてしまいそうだ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.