久々に、パンを焼いた

暖かくなってきたので、久々にパンを焼いた。

今回、使用した酵母の元はコレ。

え〜、名前はわかりません。

この写真だけでは、大きさはわかりませんが、超でかいです。

僕の片手で、なんとか持てるくらいの大きさ。

こいつを刻んで、瓶に詰めます。

今回は、身だけ。

こっちにきて、改めてわかったことですが、改めてっていうのは、わかってはいたけど、なんとなくスルーしていたことだったけど、改めて「やっぱ、そうだよね〜」ってこと、

柑橘類の皮には、たっぷりと農薬が散布されているってこと。

農薬自体は、散布して数日か数週間か経過すれば、農薬の効果(害)は消えるらしいけど、付いたものが流れ落ちるわけではない。

洗えば流れるかもしれないけど、そこらへんは、やっぱり、ちょっと皮はやめておこうと思ったわけ。

で、窓際にほっておいたら、暖かかったおかげで、プクプクといい感じに。

ってことで、東京に行く前に、この酵母液と小麦粉を混ぜ混ぜして、元種を作っておいた。

なんとなく、酵母も、元種も、少し寝かしておいたほうがうまくいくような気がしたので、今回は、両方とも熟成させた。

で、戻ってきてから、コネコネ。

<プツプツと見える茶色いのは、全粒粉だよ>

まだまだ、発酵させるには気温が低いので、じっくりと時間をかけて一次発酵。

二発酵も、たっぷりと。っていうか、ちょっとやり過ぎたかもしれないけど。

それでも、まあ、焼いてみた。

たぶん、二次発酵のやり過ぎで、生地がベッシャっとなってしまったので、うまく丸まらなかったのだ。

でも、それなりにパンっぽくなった。

一応、ちゃんと食べられる。

そして、やっぱ、柑橘系で酵母やらない方がいいこともわかった。

若干、酸っぱい。

今度は、やっぱり、甘めの果実でやろうと思うのだ。

今の所、一番最初にやったのが、一番美味しかったな。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE