あぁ、俺のザンバランが。えっ!ティンバーランドまで?

早朝、鳥の声で目を覚ます。

俺が、理想としていた朝がやってきた。

小鳥のさえずり、素晴らしい森の歌声だ。

ベッドから出て、デスクに座ると、すぐそばまで小鳥が来ている。

外に置かれている靴置きのところまで来る。

もう、目と鼻差の先。

ガラスがなければ、手が届きそうだ。

しばらくすると、行っては来て、来ては行くのを繰り返している。

よーく見てみると、何か同じ行動をしている。

さらに、よーく、よーく観察すると、どうも、靴置きにおいてある、ザンバランの登山靴のあたりをうろついている。

外に出て、ザンバランを手にしてみると・・・な、な、何じゃこりゃー。

靴の中が、苔丸けじゃないかー。

どうやら、鳥が巣を作っているようなのだ。

よりによって、ザンバランの中に。

このままでは、ヒナが巣立つまでザンバランを履けなくなってしまう。

ってことで、鳥には悪いが、苔を全て取り除いて、入れないように、ヒノキの切れ端で蓋をしておいた。

しかーし!

今度は、ザンバラんの上にあった、ティンバーランドのショートブーツの中が苔だらけになってるやんけ。

おいおい。

もちろん、鳥くんの努力は、水の泡となって消え去ったのは言うまでもない。

その代わりと言っては何だが、そこの破れたグッチのブーツをおいておいた。

さらに、頑張って運んだ、苔を詰めて、今までの努力を無駄にしないようにしてやった。

靴の値段からしたら、グッチがもっとも高額である。

と言っても、鳥には何の関係もないけども。

ちょっと、ブーツの長さが足りないかな?と思ったけど、仕方がない。

もう一つおまけに、破れた長靴も、その上に置いておいた。

さて、どうなるだろうか?

とりあえず、現役の靴にはやめてもらいたいものである。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE