人生二度目のキャバクラへ

昨日は、不動産屋さんチームのお花見へ行ってきた。

重信川の辺りで、満開の桜を眺めながら、二十人ほどで高級弁当と焼肉をたらふく食べた。

その後、お決まりのカラオケバーでの二次会。

と、普段なら、僕はここまでなのだが、どうも、昨夜は、好奇心が出てきた。

今までの人生でキャバクラというところへは、一度しか行ったことがない。

その一度というのは、東京板橋に会社と自宅があった頃のこと、同業者の知り合いに誘われて、正月二日の真昼間にキャバクラへ行ったのだ。

まあ、お互いに暇だったのだ。

そして、もちろん、キャバクラも暇。

お客は、僕たち二人のほかは誰もいない。

そうなると、店員の女性たちは、全員、僕たち二人の席の周りにわんさか来る。

一般的な男性なら、よりどりみどりで、喜ぶのかもしれないが、僕は、うっとうしくて嫌だった。

最も嫌だったのが、タバコだ。

それだけの人数がいて、周りでプカプカとやるもんだから、臭いのなんのってたまらなかった。

そんなことがあって、キャバクラなる場所には、それ以来一切行っていない。

しかし、あれから、すでに約二十年。

ちょいと、興味が湧いたので、行かせてもらった。

感想は、二十年に行った時と明らかに違ったところ。

女性たちがタバコを吸っていない。

これだけは、素晴らしくよかった。

そしてもう一つ。

話し相手になった女性は、二人とも三十代だった。

これも、よかった。

普通は、三十代というと敬遠されがちだが、僕には、ちょうどいい。

また行くということはないが、行ってみてよかったと思う。

「キャバクラに行く男性の心理がわかったか?」って。

それは、さっぱりわからん。

ちなみに、僕は、若かりし頃は、お客側ではなく、店員側として、クラブのウエイターやホスト、風俗の店員などをやってきた。

お金を払う側よりも、お金をもらうほうが明らかにいいな。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE