自作燻製タワーとガス爆発!

投稿日:2018年3月8日 更新日:

今日、朝からホームセンターに行って、板材を買ってきた。

以前、ベーコンは成功したが、チーズは、火が通り過ぎて溶けてしまった。

そこで、専用の燻製器を作ることにしたのだ。

燻製器と言っても、単なる箱っていうだけだけどね。

完成!

まあ、板を貼り合わせるだけなので、難なくできたが、それでも、いつものごとく計算違いとか、なんだかんだあって完成した。

まっ、それなりにいいんでねーの。

下から直接、薪で火をくべてしまったら、きっと、箱ごと燃えてしまうと思い、今回は、キャンプ用のガスコンロを使うことにした。

今回は、イノッチ肉の脂身のみを大量にベーコンにする。

で、早速、火を入れてみる。

煙がモクモクと出てきて、順調順調。

しかし・・・

僕が、この場から、少し離れているとき、事件は起こった。

「ボンッ!」

という爆発音。

その瞬間に、僕の頭の中には、早口言葉がこだまする。

「バスガス爆発、バスガス爆発・・・」

そう、ブツブツと呟きながら、燻製器の元へ駆けつけてみると。

見事に、ぶっ飛んでいました!

いろんな破片が、そこら中に散乱しているのですが、肝心のガスボンベが見当たりません。

あたりをくまなく探しても見つからない。

そこで、少し、範囲を広げて探してみると・・・ありました!

現場から、およそ20m離れた場所に落ちてました。

ぐっしゃりと潰れています。

こいつが、爆発して20mほど、ぶっ飛んで行ったってことですな。

もしも、この場にいたら、この爆発したボンベが当たっていたかもしれないし、そうでなくても、何かしらの破片がぶつかっていた可能性はありました。

僕は、山に来てから、今まで以上に「神」の存在を感じるようになりました。

昔から、感じることはあっても、あまりリアルではない感じだったのですが、山に来てからは、リアルというか、露骨と言ってもいいほどに感じるのです。

今回の、このガス爆発も、「今日、ベーコン持って行かないと」という、少し、焦った思いがありました。

燻製器を作る時間+燻製時間三時間を考えて、「早くやらないと」と思っていたのです。

そして、結果は、燻製器も、お肉も、ガスボンベも、すべてを無駄にしてしまったのです。

ベーコンを持って行かなくたって、誰も困りも、怒りもしない。

焦る必要など何もないのに、なぜか、「持って行かないといけない」という、勝手な義務感を抱いて、焦ってしまっていた。

そんな僕に対しての教えだったと思えるのです。

そして、爆発する際、僕がその場から離れるように、意図的に工作されたようにも感じたのです。

燻製タワーは、また作ります。

そして、やっぱり、文明の力ではなく、薪でやれるように作ろうと思います。

神様に、露骨に導かれながら。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.