イノッチ捕獲!やっぱり若いのはイイ

昨日、山を下ると、いつもの場所に、いつもの車が・・・

きっと、BOSSがイノッチが掛かっているか見回りに来ているのだろう。そう思って、見回してみたが姿は見えない。

折り返して、山を登って行くときにも、周りを見ても姿が見えない。

なので、家に戻ったのだが、携帯を見ると、三回も着信が!

三回も電話するって事は・・・「獲れてるな」

って事で、もう一度、山を下って行くと、ちょうど、出発したところだった。

そのまま、BOSS宅へ行ってみると、小ぶりなイノッチが獲れていた。

生後一年程、人間にすると、10歳程度だろうか?

ひとまず、こやつを檻の中に入れる。

持ってみた感触は、体重20kg弱。

オスで、とっても元気がいい。

足を掴んだときに震えていたので、片方の手で、そっと手のひらを当ててあげると、震えが止まったような気がした。

イノッチたちは、僕ら人間が思う以上に賢いように感じる。

罠にも、そうそうかからないし、こちらの感情を感じることができるような気もするし、会話だって、なんだかそれなりに理解できちゃっているような感じがするのだ。

なので、優しく接した方が、お肉が美味しくなるんじゃないか?とも思ったりした。

翌日の今日、夕方から、イノッチを動物から、食品へと変える作業を行った。

僕が行ったときには、BOSSがすでに、イノッチを天に召していた。

僕は、イノッチの腹を割き、内臓を取り出す係をやってみた。

腹を切っていくとき、何か、自分の腹が切れていくような感覚を覚えた。

哺乳類は、みんな、ほぼ同じ構造をしているわけなので、自分の体の中とリンクさせながらナイフを入れていくのだ。

上から下までまっすぐに切った後は、舌を掴んで引っ張りながら、下に降ろしていくと、なんと!大腸まで、綺麗にスッキリ取ることができる。

「あ〜、俺も、こんなになっているのかぁ」と思いながら解体していった。

そして、ついに、お肉になった。

この後、少し炭火で焼いて食べてみたのだが・・・

「やっぱ、若いもんはえーなー。お肉がピチピチで柔らかいでー」

という言葉、そのものだった。

以前獲れた90kgの大物と比べたら、全く肉の柔らかさが違う。

とっても柔らかい。

フレンチを食べにいったりすると「子羊のロースト」ってのがメニューにあったりするけど、以前は、「子羊って!?そんな、子供を食べなくても・・・」と、若干の罪悪感を覚えながら、うまいうまいとムシャムシャ食べていたが、今回、子供の肉は、やっぱり旨い!を実感した。

それでも、やっぱり「子供」ってのは、考えてしまうと気がひける部分がある。

じゃあ、大人ならいいのか?と言われると困る。

でも、それを言っていけば、魚は?植物は?と、際限がないのだ。

だから、「感謝して、命をいただく」ということを、結論にしたいと思う。

若いイノッチのピチピチ肉。頂きました!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE