またまた人生初体験。消防車に乗る

えー、この度、わたくし、消防団なるものに、縁あって、入団することになりました。

部落の新年会の際、ジャイアンが「消防団入らん?」と聞くので「いいよ」と返事。

この二言で、消防団への入団が決定したわけです。

消防団という存在は、昔から知ってはいましたが、東京の都心部では、見かけなかったので、ここ二十年ほどは、入団する機会はなかったのです。

しかし、ちょっとだけで、ボーイスカウトとかに憧れているところもあり、なんとなく似ている消防団にも、本当にちょっとだけ、憧れがあったのです。

なんせ、やっぱり、消防車ってカッコいいじゃないですか。

一度は、いつかは、乗ってみたいと思っていましたが、こんなところで叶うとは思ってもいませんでした。

今日は、初の消防団の仕事へ参加。

消火栓点検です。

そこで、消防車に乗って、担当地区の点検に回りました。

<笑顔がひきつっておりますが、どうも、最近、笑顔がうまくなくなってきました>

まだ、制服はありませんが、町が支給してくれるとのことなのです。

ヒッヒッヒ、楽しみです。

点検を終えた後は、詰所の二階で宴会でした。

ちょっと、飲み過ぎてしまいました。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE