ブリー(チーズ)の燻製にチャレンジ

昨日行った、巨大ショッピングモールのエミフルMASAKIで、賞味期限ギリギリのブリーが半額で売っていたので、あるだけ(と言っても6個)買った。

チーズの燻製にチャレンジしてみようと思ったからだ。

フランス産のチーズは、いくら半額だっとしても高いので、とても、チャレンジ出来ないけど、どうやら日本産らしく、1つ200円程度だったので、燻製にしてみた。

ベーコンの時は、外で焚き火を焚きながら、作ったが、チーズの場合は、60度程度でじっくりやらないと、チーズが溶けてしまうため、コンロでじっくりとやってみた。

コンロが使えるのも、男前の強力換気扇を装備したおかげだ。

換気扇がなかったら、とても室内で、燻製などは出来なかった。

ジリジリと、煙ってるのか?煙ってないのか?わからないくらい弱火でやってみたけど・・・

結局、煙る前に溶けてしまった。

あ〜、だめだこりゃ。

鍋では、鍋底とチーズが近すぎて、熱が伝わりすぎちゃうんだ。

もっと、距離を離さないといけないが、どんなに底の深い鍋でやっても無理だろうな。

ってことは、やっぱ、燻製タワーを作らなきゃなんないってことね。

燻製器なるものもたくさん売ってるけど、どうも小さいので、やっぱ自作が良さそうだ。

まっ、このベチャベチャにくっついちゃったブリーも、食べれなくないからね。

失敗は、成功の素なのだ。はっはっはっ


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE