カレヤンと久々ドライブで、弓削神社へ

今までも、カレヤンの電動幌の調子が悪く、なんども修理をして来たが、少し前、またまた故障。

まあ、結局、古いので、一つずつ壊れていくたびに、一つずつ修理しているので仕方がないのことなんだけどね。

今回の症状は、開くんだけど・・・途中で頑張れなくて、止まってしまうという現象。

<これ以上、開かないのだ。う〜ん、あとは下に落ちるだけでいいのに・・・>

そんなわけで、紹介してもらった、ヨーロッパ車を専門に扱っている車屋さんへ。

しかーし、どうも、エラーを調べるテスターが対応していないらしく、症状を特定できないとのこと。

残念ながら、しばらく幌は開きそうにありません。

まあ、この氷点下の中ですから、いいんですけど。

久々に、カレヤンと外に出たついでに、ドライブに行くことにしました。

本当は、今日は、午後からNTTの工事の人が来る予定でしたが、午前中に来てしまい、換気扇の工事もする予定でしたが、それも、あっという間に終わってしまい、車屋さんでしばらく居座る予定も、すぐに終わってしまったため、時間が余ってしまったというわけです。

で、まずは、山を探しに来た時に、一度だけレンタカーで行った、隣町の道の駅に行ってみることにしました。

以前来た時も、お客さんは、ほとんどいませんでしたが、本日も、ほとんどお客さんはいませんでした。

商品のラインナップが、寂しいのと、思いっきり山の中にあるためでしょうか?

ここでも、あっという間に、買い物が終わったため、ちょっと遠出することにしました。

以前、イチローさんから聞いていた「弓削神社」へ行ってみることに。

ここから、約50kmの道のりです。

到着!

山を登って行ったところにあって、途中、路面が凍結していたので、かなり焦りましたが、無事に着きました。

この神社、池にかかった橋を渡って境内に行きます。

こんな感じになってます。

小さい神社ですが、風情がありますです。

弓削神社って、調べてみると全国に、ちょいちょいあるんですよね。

これは、通りすがりに見えた、廃校になった小学校。

この先にも、もう一校廃校になっていました。

どれだけ、子供が減っているのかがわかります。

少子化なんてものではなく、子供消滅くらいの勢いじゃないかと思うほどです。

今日は、往復100kmちょいくらい走りました。

やっぱり、カレヤンは手放せません。

車というのは、ほとんどみなさん、目的地があって、そこへ行くための手段として流買うものだと思います。

しかし、カレヤンは、走ることそのものが目的になるほど、走っていて楽しい。

そして、疲れない。

アクセルを踏んだだけ加速し、ブレーキを踏んだだけ止まり、ハンドルを切っただけ曲がる。

公道を走っている限り、全ての点において、物足りなさを感じることは、全くないし、怖い思いも全くしない。

これほど完璧な車があるだろうか?と、思えるほどに、完璧に感じてしまう。

モータージャーナリストという職業の人たちなども、一台だけ車を選ぶとしたら?という質問に対しては、やはり多くの人がポルシェを選ぶらしいことからもわかるように、贅沢な高級スポーツカーではなく、完璧を追求した結果の価格と性能なんじゃないかと思うわけです。

山に来て、出番が減っているカレヤン。

頭の隅で、「もう手放したらどうだ」と、ささやく声が聞こえていたのですが、乗ってしまうと・・・

やっぱり、手放せません。

人生で一度は、乗る価値のある車だと思うわけです。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE