昨年、見晴らしのために切ったクヌギを、1mごとに切る

1mごとに切って、何をするのかと言うと、しいたけ畑をやっている、じっちゃん・ばっちゃんにあげるのだ。

原木しいたけの、原木になるのがクヌギの木。

僕の土地には、クヌギが、これでもか!と言うほど生えていて、昨年の夏、来たばかりの頃に、見晴らしのために、数本伐採してあったんだな。

それを見て、「いらんのやったら、もらうで」と言うので、あげることにしたのだが・・・

1mごとに切る作業は、「もう歳やで、ようやらんわ」

・・・俺かい。

ま、たくさん出来た方が、たくさんしいたけもらえるので、良しとする。

ってことで、クヌギを1mごとにカットすることにした。

しかし、斜面の下に落っこっている木を切るには、斜面の下に行かないと切りにくい。

でも、斜面の下は、細い竹が密集してる。

・・・しゃーない、竹も切るか。

と言うことで、まず持ち出したのは、久々に登場する、草刈機(エンジン狩り払い機)。

こいつで、竹をバシバシ切って行く。

どんどん切って、どんどん奥に進んで行く。

・・・あれっ?なんか、違うとこに出た。

えー、人んところを狩ってました。

ちょうど、土地の境界あたりで、間違ってしまいました。

でも、まあ、土地のオーナーは、きっと全然来てないし、しょせん竹ってことで、良いことにする。

で、今度は、正しい場所を、切って、切って切りまくります。

今度は、ちゃんと、クヌギの下に出ました!

今まで、竹に覆われていて、どんな風になっているのか、さっぱりわからなかったけど、立派な石垣が積まれていて、綺麗な平らな土地になってました。

もともと、田んぼか畑にしてたんでしょうね。

クヌギのカットをやらなかったら、ここの土地は、ずっと単なる竹の密集地のままにしていただろうけど、こうして、竹を切ってしまえば、平地で、広さは200坪くらい、私道に面しているから、車の出入りもできちゃうと言う、とっても便利な場所を発見したわけなのだ。

構想としては、やっぱ、果樹園かなぁ?

と、思っていたら、なんか、1つだけ実のなっている木を発見!

こりゃ、なんだべ?

クンクン、匂いを嗅いでみると・・・ゆずだな。

竹が密集していて、蔦に絡まれて、南側には、今まで、杉があったので、光が当たらず、そんな場所で、一つだけ実をつけていたとは、けなげだ。

こいつは、ありがたく頂く事にして、木は、これから、立派に育ててやろうじゃないの。

でも、よく考えてみると、果樹なんて平地でなくてもいい気がして来た。

そうなると、野菜畑がいいか?

でも、家から若干遠い、でも、通り道だから・・・うーん、悩む。

せっかくの平地200坪、どうすべ〜


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE