鉄砲隊来る!

今日、一台の軽トラが来た。

話してみると、鉄砲隊だった。

もちろん、軍隊ではなく、しし狩り隊である。

自分の土地の中で、鉄砲を撃たれるというのは、どうにも、なんとも、気分がいいものではない。

都会暮らしをしていて、「鉄砲」といえば、暴力団!くらいしか想像ができんので、鉄砲というだけで、嫌悪感がMAXになってしまう。

しかし、これも、生きるすべであるわけで、まあ、仕方がない部分もあるわけなのだが。

なんとか、この山でやって欲しくない旨を伝えたが、向うも引き下がらない。

・・・まあ、しゃーないか。って事で、しぶしぶ了承した。

すると、軽トラが続々とくる。

7台くらいは来た。

「おいおい、そりゃ来すぎだろ。人ん地に入ってくるんだから、乗り合わせて来いや!」と思ったけど、もう遅いか。

鉄砲ねぇ。

興味がないことはないけど、免許とって、鉄砲買って、2、3回撃って、たぶん、すぐにやらなくなるだろうなぁ。

昔は、エアガンとか、ガスガンとかで、いろんなもん撃ってたけどなぁ。

どうなんだろ?

そう思うのなら、いっぺんやってみるのは手だけどなぁ・・・

まあ、いいや。

鉄砲隊が山に入って、しばらくすると・・・「パンッ!、パンッ!」と銃声が。

その瞬間に思ったこと「イノッチ逃げてくれ!」だった。

出会ったことはないけども、この山に住んでいるってことは、まあ、その、一応、同居みたいな感じ?

別に、僕の家畜じゃないけど、でも、そのー、そんな感じ?

どうせなら、どっかの人にやられるんじゃなくて、僕がちゃんと捕まえて、僕がちゃんと食べてあげたい。

「やられるなー、イノッチ!頑張れー」と、心の中で叫んでいた。

鉄砲隊は、ほんの1時間ほどで移動していったので、僕の山では仕留めてはいない様子だ。

「よかった・・・」

明日もやるといっていたけど、また来るんだろうか?

ゲート閉めて、鍵かけちゃおうかなぁ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE