自然栽培野菜を使ったレストランでランチ

今日の昼は、久々の外食。

どこで、ランチしようかなぁって、考えていたんだけど、気になっていたお店を思い出した。

小さなお店で、ぱっと見、なんの店だか不明。

近づいてみて、看板を見て、初めてレストランだとわかる。

以前、気になって看板を見に行ったのだが、店に入る勇気はなく(なんとなく、入り口が入りづらいのだ)いつも、店の前を車で通り過ぎるだけに終わっていた。

今日も、店の駐車場に乗り付ける勇気はなく、近くのスーパーの駐車場に停め、歩いて様子を伺いに。

外から覗いてみると、営業はしていそうだが、お客は見当たらない。

「う〜ん、どうしよう」とは言っても、ここまできたら入るしかない!

ってことで、入ってみた。

入り口すぐに、自然栽培の食材が置かれている。

店の名前は「青空ベジィ」と言う店名なのだが、いろんな食材に「青空産」というようなことが書かれているので、畑などと同じ経営なのだとわかる。

そして、お店の中は、結構、おしゃれっぽく作られている。

自然栽培の食材ってのは、結構高い値段で売られているので、おいそれと買う感じにならないが、ランチは、お手頃価格だ。

あおぞら旬のカレーも惹かれたが、まずは、定番ランチであろう、ベジィランチにした。

じゃん!

「おっ、とんかつ入ってるじゃん」と思って、パクリと食べると・・・とんかつじゃねーよ。

麩のカツだった。

そこで改めて思い出した。「ベジィ(ベジタブル)ランチ」だった。

チンジャオロースーと書いてあるやつも、肉じゃなくて、大豆だそうだ。

こうした、もどき料理は、精進料理を思い出す。

けど、別に、もどきにする必要なくねーか?とも思うが・・・。

ちなみに味は、ちゃんと美味いです。

食材が、ちゃんとしているって思うと、なんだか気分良く食べられる。

(本当には、わからんけど)

それにしても、お客入らんなー。

看板が小さすぎるんだよね。

あと、外から店内がよく見えなくて、入り口が入りづらいのも難点だ。

んー、もったいない。

なんてことを考えていたら、自分の店を思い出した。

港北のスタジオ、もっと、お客さん来んかなぁ。

人の店はわかりやすくても、自分の店となるとわからんもんなんだよな。

誰か、教えてくれー!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE