人生初、似顔絵。

投稿日:2017年12月23日 更新日:

今日は、伐採作業はおやすみで、朝から山を降りた。

遠くに行く予定はないけど、カレヤン(Porsche911 Carrera)で。

今日は、それほど気温が低くなかったので、屋根を開けていても、まったく寒くない。

まさに、オープンカー日和。

逆に、もうちょっと寒い方が、なんかいいけどね。

で、どこへ行ったかというと。

山を降りて、少し走ると、砥部町の文化会館がある。

ここには、図書館が入っているので、たまに行くのだが、いつ行っても、でっかいホールでは、何もやっていない感じだったのだが、今日は、チャリティーフェスティバルがあるってので、行ってみた。

駐車場に着くと、満車どころではない満車。

文化会館の駐車場も満車、隣の役場の駐車場も満車、その隣のとこ二、かろうじて数台空きがあった。

駐車場を見る限り、大盛況だな。

館内に入ると、結構な人。

とは言っても、ごった返しているというほどでもなく、ちょうどいい感じ。

10時から、ホールで何やらやっているということだったので、ホールに入ってみた。

合唱をやっている。

客席に目をやると・・・少なっ!

ホール自体は、「この田舎に、この規模必要か!?」と言うほど、席数は1000席ほどある。

人口22,000人の町に、1000席じゃ、5%にもなるぞ。

どこの田舎も、同じようなものだとは思うが、なんか、こういうの作らなきゃならないのかね?

作るお金は、国かどっかから出るのかもしれないけど、維持費に莫大な費用がかかるのだよな。

まあ、その話はいいや。

どうやら、午前中は、素人のみなさんのお披露目会のような感じ。

それでも、合唱の次に出てきた、和太鼓は、ちゃんと本格的だった。

午後は、砥部町の吹奏楽団「砥部町アンサンブル」のコンサート。

午前中とは、打って変わって、席の6割程度は埋まっていた。

砥部町アンサンブルも、プロではないが、それでも、かなり本格的。

エンターテイメントとしても、しっかりと考えられていて、見ていて、聴いていて、まったく飽きない、いいコンサートだった。

もちろん、ソロ演奏などは、プロには遠く及ばないところがあったが、全体的には、音楽も演出も◎だった。

東京にいた時も、なんども、リサイタルやコンサートに行く機会があったけど、ほとんど寝てしまう。

確かに、演奏はうまいのかもしれないけど、正直、飽きてしまうものがほとんどだった。

みんな、エンターテイメントだということを忘れて・・・、いや、意識したことがないのかもしれない。

純粋に、音だけを楽しみたい人がどのくらいいるのだろう?

もちろん、音を楽しみたい人にとってみれば、余分な演出は、音楽を邪魔するだけかもしれないけども。

あっ、午後は、携帯を車に忘れたので、残念ながら写真がないのです。

で、このフェスティバルにも、いました!似顔絵屋さん。

だいたい、こうした大きめのイベントには、いるんだけど、いましたよ。

午前中は、子供達がたくさんいて、入る隙がなかったのですが、午後は、空っきすき。

やっぱ、田舎の人は、午前中に動いて、あまり午後は動かないものなのか?

で、描いてもらいましたー!

ジャジャーン!

これ、値段いくらだと思います?

店頭には「1人2分で描きます」と描いてありまして、価格・・・なんと、100円

安っ!安すぎませんかぁー!

色紙も、色紙を入れるビニールもついて、この価格。

せめて、300円くらいにすればいいのに・・・って、それでも激安だけど。

普通に考えて、商売になってないな。大丈夫なのだろうか?

まあ、いいや。

似てるかどうかは、わかりませんが、似顔絵っていうのは、特徴を捉えて強調するものらしいので、自分の似顔絵を見てみると・・・

目が垂れてる。

歳とともに、だいぶ垂れてきたのは感じてたな。

鼻が丸い。

スラッとしていないのは知ってるな。

意外と輪郭がふっくらしてる。

そうか、歳とともに、頬骨が目立ってきたんだな。

笑顔がいい。

よかった。描いてもらっている時に笑ってたからね。

人生初、似顔絵。

100円以上の価値は、俄然あったな。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.