赤く色づくサクランボみたいな実

そこらへんに、ちょいちょい成ってる、赤い実。

めちゃめちゃちっちゃい実なんだけど、なんじゃらほい?

と、思って調べてみると「ヤブコウジ」という植物らしい。

「和風庭園の下草として好まれる」と書いてある。

・・・売れるか!?

山には、実は、売れるものがたくさんある。

田舎の人たちは、「そげなもん、売れるわけなかぁ」と言う(実際には言われてはない)だろうが、僕が、青山や代官山、白金台と言ったところの花屋で見てきた植物が、そこらへんに生えているのだ。

一般的な花屋さんでは扱わないであろう、レアな植物を、高級店では、さも高級品のごとく売られているのだ。

そんな、「あっ、あれ、青山の花屋で売ってた」と、言うものが、ボーボー生えているのだからおもろい。

もちろん、植物の代金+鉢の代金も大きいし、山に生えているままでは、室内で順調に生育できるとは思わないけども、それでも、ここには、生えているだ。

ってことは・・・売れる!?

あ〜、また、今日も、金のなる木を見つけてしまったのだ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE